殴ったり蹴ったり

  • 沖津賢一郎 公式ブログ/殴ったり蹴ったり 画像1
  • 沖津賢一郎 公式ブログ/殴ったり蹴ったり 画像2
殴ったり蹴ったりする
先生が問題になってるよね。

「昔はそうだったから
それに耐えられない今の子供がわるい」

よく聞く。

昔はそうだった。
そうだよ。

一応僕のことも書くと、

殴られたり蹴られたり
つねられたり張られたり、
部活の用具でぶっ叩かれたり

そりゃあもう
やりたい放題だったと今でも思うよ。

でもさ、時代がちがうんだよ。

ちがうんだから。
そういうことに耐えられる子供にそれをやるのと
耐えられない子供にそれをやるのとじゃ。


僕たちの仕事の現場もそう。

「今の若いやつらはこれだからダメだ」

それじゃ無理なんじゃないのかな。

今の若い子は今の若い子なんだからね。

自分たちの昔と同じようにやったがために
若い子の能力を引き出せない、

できることもできなくなるんじゃないか?

「そういう業界だから」

やられたからやってもいいじゃ、
あんまりにお粗末だろう。

※限度はあるよ。