嵐は過ぎ去った♪

お久しぶりです。暑いですね。
私は毎日、元気に舞台に立っております。
楽屋では、大森さん、岡田さつきさん、楠見さんという女優の先輩に囲まれてる感じがとても幸せです。
こんなに大先輩ばかりの公演もめったにない!
日々、食べ物や飲み物のこと、コスメ情報など、美容の話をしています。
たまたま先輩3人がおんなじメイク落としを使ってて、早速、影響されました、私。
たのしいな。
先輩の背中を見られるのってやっぱり安心する。


7年前のこの作品のとき、DVD収録の朝に急にぱったりと声が出なくなりました。
体調も悪くて、開演のぎりぎりまで病院で点滴を打って寝てました。
たぶん、DVDを観てもあんまりわからないと思いますが。
そこはプロなので、朝、声がひとかけらも出てなくてもなんとかするし、なるのです
で、7年経って、また収録の日が近づいてきて、ざわざわしてました。
劇団に入団して17年目ですが、声を嗄らしたことは1度もなくて、
声が出ないという経験もあの1回のみ。
だから、まさかと思っていたのですが、一応、とても体調には気をつけていたのです
でも、不思議と調子が下降していき、事前に病院に行って薬も飲んでいたのに、
恐怖の収録日にまた声が出なくなるという…。
まぁ、そこはプロなので、全くわからなかったと思いますが、
7年前とスケジュールが違って、収録の次の日が昼公演だったため、消耗した喉が復活しきらず、
そのステージでは気づかれたお客さまにはちょっとご心配をおかけしちゃいました。
ごめんなさい。
今回は体調が悪かったのではなくてアレルギーが出てお薬で抑えていたのですが、
強い薬のせいで乾燥して喉がちょっとだけやられてしまいました。


いや、しかし、この役をやってるときにだけ、こういうことが起こります。
他にもこの役なんかよりたくさん喉を使う公演はあるのに。
たぶん何かを消耗しているのでしょうね。
何かを。
でも、今日はもうすっかり正常に戻りまして、
マジ、あれ、なんだったんだよっ!と自分にキレそうになります。
それだけ、私の身体にとっては重たい役なのかもしれません。
最後までしっかりと魂を込めて演じきりたいと思いますっ。


おなかに赤ちゃんがいる友達や、子供と一緒にいとこが観に来てくれたりしてて、
そして、楽屋で会うと「よかったぁーー」と号泣して帰ってくれています。
そんなに喜んでくれるなんて……。
私は結婚もしてないし、子供もいないけど、
それと引き換えにした人生の充実感がはんぱなく、
舞台に立つことは天職なのかもしれないと思えています。
東京はあと1週間。
もっともっとがんばります。
観に来てくれた方に何かを伝えるためにっ。