千秋楽♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/千秋楽♪ 画像1
25日に『キャロリング』が千秋楽を迎えて、
今年の公演がすべて終了しました。
観にきてくださったみなさま、
応援してくださったみなさま、
本当に本当にありがとうございました。
あぁーおわったぁーという解放感でいっぱいです。
年初めの客演の後、キャラメルに戻ってからは、
休みなく張り詰めてました。
ずっと健康で舞台に立てたことが1番。
出演者でひとりだけ、風邪ひかなかったぞ。


写真はクリスマスイブの昼公演終了後に記念撮影しました。
エンジェルメーカーの仲間。
演出家に言われたわけではないけど、
私も勝手に勉さんと一緒にホワイトボードに落書きをはじめて、
お客さんにも共演者にも楽しんでもらえました。
絵はほんとに苦手だったのにっっ。
楽屋で共演者みんなの顔を1時間くらい、
夢中で描いたりしちゃうくらい絵が好きになったのが、
この公演をやって1番変わったことかも。


原作物をやるとき、
私はいつも読者のイメージに近づくことを1番に考えて役づくりをしてきました。
原作を愛して自分が読んだときのイメージを大切に。
今回は有川浩先生が私をイメージして書いてくださった役でした。
不思議なことに原作を読んで、原作通りにはやらないぞっ!って思いました。
いっぱいいっぱいはみだそう。
結果、有川先生には、
役者さんがやるとこうなるんだ…と1番驚かせることができました。
なるべく原作の言葉は残して笑いにもっていくのがテーマだったのですが、
台詞もいっぱい作っちゃったし。
ピンクのたぬきとか…。
たくさんたくさん笑ってもらって、
キャラクターを好きになってもらって、
朝倉がみんなに愛されてよかったです。


ちなみに役名は自分で考えたのですが、
子役時代の芸名、浅倉真奈から、
先生が漢字を替えて朝倉恵那と作ってくださいました。
恵那の恵は姉の名前からもらいました。
学生時代はこっそり活動してたので芸名があったのです。
もう時効ですよねっ。


さぁ、明日は髪の毛をばっさり切るっ。