無伴奏ソナタ終了♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/無伴奏ソナタ終了♪ 画像1
  • 岡内美喜子 公式ブログ/無伴奏ソナタ終了♪ 画像2
  • 岡内美喜子 公式ブログ/無伴奏ソナタ終了♪ 画像3
『無伴奏ソナタ』が終わりました。
短い日程でしたが、予定をやりくりして、
劇場まで足を運んでこの作品を見守って下さったみなさま、
応援してくださったみなさま、
本当に本当にありがとうございました。
舞台後方から客席とクリスチャンを見た、
12回のあのラストシーンを忘れません。


出演者9人とスタッフとでこぢんまりとした座組でしたが、
しっかり顔を見合わせながら力をあわせて、
この作品を作り上げられたことをとても嬉しく思います。
新幹線に乗る前にちゃんと全員で打ち上げしたのは、
15年やってきて初めてでした。
みんな見たことないくらいいい顔をしてました。


4人の女優が順番に語りを回していくこの作品。
あるときふと、
20代、30代、40代、50代の代表選手が集まってることに気付きました。
作品のためにバトンをしっかり回していこうという、
私たち4人の必殺仕事人っぷりがわくわくしました。
楽屋も舞台もとても楽しかったです。


自分が担当する出逢って恋しての25分間は、
ぎゅっとしてて激しくて心が忙しくて大変で、
とても難しかったけど、すごく素敵なシーンでした。
稽古途中、キャスト変更がありましたが、
畑中智行とは最初から一緒に作っていたみたいに感じました。
私のキャラクターもぐんぐん深まり助けられました。
とにかくひたすらに、ありがとぉーともゆきっっ。
きみのポールにかんぱい。


主役のクリスチャン多田直人とは、
これまではちょっとした、同級生、会社の同僚、
一緒に戦場で戦ったり、
電話の向こう側の人、心の声での会話、などなど、
なんとも中途半端な共演が多かったのですが、
今回、しっかりと芝居ができて新鮮でした。
彼がぐんぐんとお客さまの前で変わっていく姿を、
近くでみられて幸せでした。
きっとこの劇団を背負っていく俳優のひとりとして、
いや、劇団を背負いたいかはわからないけど、
俳優としての存在感を認められた公演だったと思います。
と、身内褒めをしたくなるほど、
音楽の天使が彼に舞い降りる様は美しかったです。
『シラノ〜』のときにそばでみててあべじょーじに感じたように、
彼にしかできない役であり、彼の代表作になったと思います。


私の芝居をずっと観てきた劇団OBの先輩に、
いろんな男優の相手役をやってるのをみたけど、
ふたりのバランスがよいと褒めてもらいました。
自分のことより、バランスやチームを褒めてもらうのって、
ほんとにうれしくてうれしくて。
せっかくだから次の公演も一緒にやってみたかったと思わなくないけど、
ひとりでも多くのお客さまが、
無伴奏をきっかけにアクアチームに足を運んでいただけたら、
それはそれはうれしいです。
イグニスもこの勢いに置いていかれないようにがんばります。
あ、どっちにも出ますけど。


『無伴奏ソナタ』は忘れられない大切な作品になりました。
舞台の上で、音楽を浴びたあの感覚、
しかも、好きな人が自分のために弾いてくれた音楽。
そしてまた、違う役で彼と出逢い、音楽を浴び、
そしてまた、男になって出逢い、共に歌い、
最後は何十年もたってから、別の役で、
作った本人がそこにいるのに気づかずに、
ギターを弾きながら同じ歌を歌ったり。
それは味わったことのないものすごい体感でした。
何度も何度も身体が震えました。
この公演のことは、ずっとずっと忘れられないと思います。
ありがとう、クリスチャン・ハロルドセン。
言いづらかったぜ、きみの名前。


本日、お片付けをしまして、次に進みます。
明日からのちょっとのお休みはBlueの稽古。
力をたくさんいただいたので、
まだまだ止まりませんっっ。

 
  • コメント(全1件)
  • よし 
    6/6 01:09

    この作品を見て、これからのキャラメルボックスが楽しみになりました。それだけ、本当にすてきなお芝居でした。生で見れて、体感できたこと、幸せに思います。ありがとうございました。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)