終わってしまったのだ♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/終わってしまったのだ♪ 画像1
夏の竜馬の稽古から、だだだだだっと、
ほぼ休まずに続いた公演が、
全て無事に終わりました。
畑中くんとふたり、楽屋で、
「終わったねぇ」とつぶやいた。
まぁ、彼は数日後からまた稽古が始まるのですが。
しかも、主演。
そういうときは今まで必ず相手役でずっと一緒だったけど、
久しぶりに一緒に出演しないのでしっかりサポートします。
チームBlueのムードメーカー畑中智行。
いやぁ〜笑った笑った。
その運動神経には驚きだけど、そろそろいい年だから、
ちゃんと準備運動をするべし。
楽しすぎた時間。
家族以上の存在。
ともゆき、ありがとう。


今回、1番、お客さんの心を掴んだといえる原田樹里。
友達の役や、姉妹の役をやっていたし、
小道具部でも一緒だから、
もともと入団してからの彼女とは濃密な時間を過ごしてたけど、
やっぱり今回は2人っきりの女優で、
2人で考えなくてはいけないことも多く、
絆は相当に深まりました。
パンフレットを読んでくださればわかりますが、
彼女は大きな病を乗り越えてここにいるから、
たぶん、誰よりも舞台に対し、生きることに対し、真面目で真剣。
めったに弱音を吐かない努力家だけど、
いつも明るすぎるきりだけど、ある日、
泣きながら岡内さんに相談したいことがあって、
と話してくれたことは、私はたぶん、ずっと忘れない。
かわいいなぁ。
これからもずっと彼女を見守っていきたい。
っていうか、今後、どこまで羽ばたいていってしまうのか、楽しみすぎる。
その昔、何をしても、踊るための身体が作れなくて、
踊りで進む道を諦めた私には本当にうらやましい身体の持ち主。
ああいう人が踊るべき。
はばたけ、原田樹里。
お客さんはみんな待ってる。
きり、ありがとう。


ずっと支えてくれた左東広之。
なんか、さとぅーのおかげなとこが多すぎた今回。
突然、カーテンコールで渡してくれたプレミアムモルツのおかげで、
岡内酒豪伝説に新たな1ページを加えることができました。
さとぅー、ありがとう。


音響、有坂美紀もすごい子だ。
君がいなくては、Blueはできなかった。
ありー、ありがとう。


本当に本当にいいメンバーです。
そんなメンバーを集め、
この作品をたった1人の力、才能で生み出した男。
最後にこの人に感謝しなくては。
私はこの舞台に救われました。
いまさら彼に言うことはもう何もないんだけど。
言葉じゃなくて、舞台の上で役を通して、
気持ちを伝えられていたらいいな。
あなたと出逢い、一緒の作品を作れた奇跡に感謝。
大内厚雄先輩、ありがとう。


もしも、もしも、数年後、Blueをやれることがあったら、
何歳になってるかわからないけど、
身体は踊れるようにずっと鍛えておこうと思った。
踊れるばあさんになりたい。
でも、もうこれで、踊ることが終わっても悔いはない。
応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
観にきてくださったみなさん、
楽しい時間をありがとうございました。