『鍵泥棒のメソッド』千秋楽♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』千秋楽♪ 画像1
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』千秋楽♪ 画像2
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』千秋楽♪ 画像3
『鍵泥棒のメソッド』無事に千秋楽を迎えましたぁ。
ご来場くださったみなさま、どうもありがとうございましたぁっ!


稽古中はどうなることやらと思っていたこの公演。
映画の面白さにどうやったら追いつけるのかそれぞれいっぱい悩みました。
最初は石鹸ですべるシーンもなかったけど、やっぱりみんなで作ってよかった。
石鹸を動かす役の人が必要だとか、どうやって何人で持ち上げるんだ?なんて考えていた日々が懐かしいです。
コンドウと桜井、お互い着替えに何分必要だ?なんて考えつつ手探りで振付が始まったダンスシーンも大好評でした。
ここで一体何を見せればいいのかしらと川崎悦子先生がとても悩んで下さっていたのも今は信じられない。
遠い昔のことのようです。


今までは原作小説のあるキャラメルボックスの舞台にたくさん立たせていただきました。
本を読むことも好きなので、自分なりに活字の世界から読みとったイメージを大切に舞台化させていただいてきたつもりです。
髪型、性格、しぐさ、雰囲気、拾える描写はなるべく拾いたい。
『スキップ』の一ノ瀬真理子から始まり、クロノス、トリツカレ〜、雨夢〜、光の帝国、流星ワゴン、アルジャーノン〜、隠し剣鬼ノ爪…と、
それはそれは様々な作家さんの様々な原作の登場人物を演じてきました。
大切に、大切に。
私が原作が好きで、誰よりも私が、本を読んだときのイメージを壊したくなかったから。


さて今回は、初めての映画原作。
さぁ、どうするってなったとき、今までの原作ものの経験を生かして、拾えるイメージは全て拾おうと決めました。
内田けんじ監督とこの作品への愛をいつの瞬間も忘れずに。


台詞はカットされちゃったけど、それでも自分のこだわりで、
時間さえあれば、桜井さんの部屋の塩を舐めたかった…。
そのチャンスを最後までずーっと探したりしてました。
それはどーでもいいちょっとしたことだけどすごくこころ残り。
本棚に瓶を仕込んでおいて、なんとかしてそれを舐めたかったーっ。
たとえ誰にも気づかれなくても。
でも、舞台版ではなくても成立する香苗の遠視という設定は、
自分でなんとか取り入れられて、コンプレックスのひとつとして心に落とせたかなと思います。
内田監督の演出やこだわりを自分で想像して演技に取り入れていくことがとても楽しい作業でした。


婚活から始まり、父の死、そしてヤクザとの争い事に巻き込まれたりと、1ステージ1ステージ、心がぼろぼろになりましたが、
最後に、もう父のいない家の前で水嶋香苗史上最高に落ち込んでいたところに、
あんな幸せが待っていて、
ほんとにジェットコースターに乗ってるような感覚で、くらくらしました。
水嶋香苗を生きるのは大変だったけど、やっぱりとてもとても楽しく幸せでした。


BLACKチームのときに演じていた猫娘もほんとは真っ黒いイメージで行きたかったくらいなのですが、
ラストシーンのあのおしゃれな意外性が大好きで、少しでも近づきたくて楽しく悩みました。
映画のラストの素敵な感覚がお客さんに伝わっていたらいいなぁ。


ラストシーンといえば、映画でコミカルだったコンドウと香苗のハグの部分。
あれをどうするかってなったとき。
私と達也さんの感覚は一緒でした。
コミカルな動きはそのまま残して、でも気持ちから出てしまった動きにしよう。
これが決まったとき、あぁー大丈夫だーって思えました。
達也先輩とできてよかったぁーと。


ゲネプロでぱりっとした山崎さんにプロポーズされた瞬間、ほんとにとてもびっくりしたことや、
多田くんの桜井さんのお芝居が面白すぎてほんとにこの人一体なんなんだろうと思ってたら、台詞が自分の番になっててびっくりしたり、
語りきれないたくさんのすてきな思い出があります。
WHITEチームの3人で楽しく力を合わせて原作映画に恥ずかしくないものができたこと
これからの自信にしたいと思います。
ここまで舞台を続けてきて、観てくださったたくさんの方に、今までで1番って言っていただけるような役に出逢えて、私は幸せ者です。


出演してるみんなみんなが素敵な公演でした。
お姉ちゃんとも久しぶりの姉妹だったし、
いつも安心できるもう当たり前に本物になってる両親に囲まれて。
ほんとにほんとに楽しかったです。
幸せすぎたのでこの公演のことは早く忘れようと思います。


観に来てくださったみなさん、
応援してくださったみなさん、
どうもありがとうございましたっっ!
そして、素晴らしい映画を作ってくださった監督とスタッフと出演者のみなさん、
本当に本当にありがとうございました。


ちょっとだけ休んで、また次のたたかいに立ち向かいます。

BLACKおしまい♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/BLACKおしまい♪ 画像1
ふたりで、しあわせになります♪
ジョニーと一緒に。


本日、『鍵泥棒のメソッド』千秋楽。
水嶋香苗を大切に演じたいと思います。

『鍵泥棒のメソッド』初日♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』初日♪ 画像1
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』初日♪ 画像2
『鍵泥棒のメソッド』、ばたばたばたと初日の幕が開きましたぁ。
小さな小道具から大きな家具までたくさんいろいろもりもりあってスタッフワーク的にどきどきでしたが、
小さなハプニングはこっそりありつつも、なんとかお客さんに届けることができてほっとしています。
ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。
とてもあたたかい、というか、あつい初日になりました。


今日は映画の内田けんじ監督がいらっしゃいましたぁー。
みんなでああでもないこうでもないと考えて作った部分を、こんなに忠実だとは、と褒めてくださいました。
僕が1番楽しんだと言ってくださったり、鍵泥棒〜ってすごい面白いと思ったと笑ってくださったり、
なんだかほっとして涙が出そうでした。


映画のプロデューサーさんもいらしてて、撮影中、広末さんにずっと注意してたこと、なんてのもこっそり教えていただいちゃいました。
それが私が映画を観た印象で、特にこれだけは2時間気を配ろうと思っていたことと、どんぴしゃ同じだったのです。
うぉ〜〜っ。
私の道は間違ってなかったー。
監督もプロデューサーさんもWHITEも観に来てくださるそうですっっ。
楽しみだー。


明日のマチネ公演の終了後、いよいよ、久しぶりにWHITEチームの稽古ができます♪
楽しみだー。
楽しみだー。


あ、でもBLACKのときの自分の役もとても好きで楽しい。
明日のステージもしっかりやる。
楽しみだー。
楽しみだー。
楽しみだー。

『鍵泥棒のメソッド』あと4週間♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』あと4週間♪ 画像1
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『鍵泥棒のメソッド』あと4週間♪ 画像2
お久しぶりのブログになってしまいました。
『鍵泥棒のメソッド』こつこつと稽古を重ねております。
稽古が始まって2週間。
今回は出番も多くてたくさん喋ってるなぁーと感じる役なのですが、
なんとか全シーンの台詞を叩き込みましたぁ。
ほっとひと息♪
最近は稽古期間が短い公演が多かったので、2週間も稽古したら、
「もう本番だっ!」という体になってしまって、なんとか早く形にしようと思ってしまいます。
でも、WHITEチームの初日までなんとまだ4週間もありますのです。
おーぅ。
これは相当じっくり長いこと飽きるほど稽古できてしまいますね。よしよし。


WHITEチームのチームワークもなかなかです。
育ってきてます。
この間、3人で販売用パンフレットの座談会をしたのですが、
きゅっとまとまってて、空気感を大事にするチームって感じかな。
BLACKさんとは全然違うカラーだと座談会に立ち会ったスタッフさんが驚いてました
同じとこを目指してるので最終的にはそこまで違いは出ないかもですが、
私たち3人らしい『鍵泥棒のメソッド』の世界を作り上げたいと思います。


写真の1枚目は、両チームの主演の桜井くん。
畑中桜井と多田桜井。
芝居の質が全然違って面白いふたり。
仲良くパズドラに夢中。
先日誕生日だった畑中智行くんには魔法石をプレゼントしました。
しばらくは1つ違いの弟分です。


2枚目は今年入団の新人、金城さんと近藤くん。
金城さんは俳優教室の教え子。
近藤くんは劇中にもコンドウという役が出てくるので「リアル近藤」と呼ばれています。
まぁ、よく動き回る新人です。必要以上に。
前年の新人のふたりはおっとりのんびりぼんやりな癒し系だったので、
年によってこんなにも違うのかぁーと驚きます。
まだ2週間だけど、ずいぶん一緒にやってるような感覚。
もう馴染んだってことかしら。
末永くよろしくお願いします♪

『ヒトミ』千秋楽♪

  • 岡内美喜子 公式ブログ/『ヒトミ』千秋楽♪ 画像1
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『ヒトミ』千秋楽♪ 画像2
  • 岡内美喜子 公式ブログ/『ヒトミ』千秋楽♪ 画像3
『ヒトミ』全ステージが無事に終了しました。
直前まで別の舞台があったので、稽古に参加したのは、
合間をぬって行った顔合わせも含め13日間と少なかったのですが、
六本木、大阪、名古屋、池袋と4会場で上演することができたので、
とても長く役と一緒にいられたような気がします。
短期間で頭のいい人たちの論争の台詞を覚えるのはとにかく大変でしたけど。


初めてのお医者さま役、楽しみましたぁ。
白衣ってやっぱり特殊なんですねぇ。
りけじょ。
髪型もあいまって、
20代に見えるほど可愛いとか壇蜜さんのように色っぽいとか、
とっても嬉しいお褒めのお言葉をほんとにたくさんいただきました。
こんなことなら、毎公演、お医者さんの役をやりたいです。


客演の稲荷さんとのお芝居も新鮮で、とても楽しかったです。
唐組、観に行くのがめちゃくちゃ楽しみです♪
ドクターに生意気に意見しちゃう研修医の鍛治本くんのよさもいっぱい出て、よかったぁ。
今年はまだ一緒にやれる予定があるので積み上げたいと思います。


佐久間さんの下の名前は、
初演、再演の佐久間さんであり、『ヒトミ』の作家でもある真柴さんをリスペクトした名前にしました。
佐久間直美。
真柴さんの本名♪


素敵な役に出会えて嬉しかったです。
次はすぐに『鍵泥棒のメソッド』です。
面白い作品になるようにしっかり準備して、稽古初日を迎えたいと思いますっ。
たのしみ♪