《ムービーレッスン》『ハイブリッド・アクション教室』

  • 岡本良史 公式ブログ/《ムービーレッスン》『ハイブリッド・アクション教室』 画像1



☆ムービーレッスン☆

『ハイブリッド・アクション教室』

《BasicTecnic》

Part2





前回に引き続き

勝手に(^_^;)

Part2としてお届け致します。



前回の動画より

もう少しアクションに慣れた方

レベルアップしたい方

へ向けてのレッスンとなります。





[動画レッスン]『Hybrid Action Class《BasicTecnic》』Part2

《動画》です↓↓↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=5-...





もちろん

これは“ほんの少し”です!

前回同様

この段階にいくまでも

かなりの練習が必要です。





今回、パートナーを務めてくれたのは

俳優・日下雄一朗(クサカユウイチロウ)くん。

香港功夫電影大好きで、アクションとは別に、形意拳も修行中。

常に、形意拳の癖や“勁”を、アクションと区別する事を指摘されながら(^_^;)頑張ってアクションしています。








では

《動画》解説です♪

※構え(リード)が、左右変わりますが、どちらのリードででもアクション出来るように稽古しましょうね。




 .蝓璽疋魯鵐匹離献礇屬髻▲螢▲魯鵐匹妊僖螢鵐(受け流し)。




◆.蝓璽疋献礇屐▲螢▲ロスのワンツーを、リアハンド、リードハンドでパリング




 パンチの攻防の基本的応用。

先手側からのジャブの往復

クロスを、スリップでかわし

フックを、ウイービングでくぐり抜け

ボディーフックを、リードハンドでブロック

続けて上段へフックを、リードハンドでブロック

即、リアハンドでボディーへアッパー

即、リアハンドで上段へフック、スウェーバックでよけて、間合いをとる。




ぁ‘下くん→◎
  
  岡本→▲

▲のストレートパンチを、◎はリードハンドでパリングと“同時”に、リアハンドのストレートパンチを“縦拳”で▲のボディーへ。

▲側の“同時”のリアクションもポイント。




ァ、イ離僖鵐舛髻◆はリードハンドで外側へ流しながら受けると“同時”に、リアハンドの“縦拳”を、▲のボディーへ。

▲側の“同時”のリアクションもポイント。



Α、イ涼翆淵僖鵐舛髻◆はリードハンドで、下方向へはじくと“同時”に、リードハンドの“縦拳”を、▲の顔面へ突き出し、突いたその拳は、即、脇に引き戻す。

縦拳の引き戻しがポイント!

▲側の“同時”のリアクションもポイント。




А、イ両綯覆悗瞭佑を、◎はリードハンドで外側へ受け流しながらと“同時”に、リードハンドを▲の顔面へ“掌底”を突き出す。

掌は引き戻さないのがポイント!

▲側の“同時”のリアクションもポイント。




│イ痢伐イ蝓匹髻◆はリードハンドで上げ受け、と“同時”に、リードハンドを腰(脇)に引き、そこからズバン!と▲のボディーへコークスクリューぎみのストレートパンチ。即、突いた拳を腰(脇)に引き戻す。




 サウスポースタイルで、リードハンドのジャブを上、中段へ

受ける側は、リードハンドでパリング、リードハンドでブロック。

攻撃側は、相手のブロックしたリードハンドを叩き落とし(つかみ・引き寄せる場合もあり)

裏拳(ストレート、フック、手刀、掌底、その他のパターンもあり)




 リードレッグによる、基本的蹴りの攻防

前蹴り、廻し蹴り、後ろ廻し蹴り。




 アップライトスタイル(ムエタイスタイル)で構え

先手側は、リードレッグのリードレッグをスイッチステップで、ローキックを出し、即、引き戻しハイキック

後攻め側は、先手側のローキックを脛ブロック(リードレッグ、リアレッグ)

ハイキックをブロックしつつ

回転し、リアレッグの後ろ廻し蹴りを放つ。








《動画》は以上です。







何度も申しますが

これは、ほんの一部です。

そして!

アクションは、実戦格闘技や武術とは異なります!











この《動画》のアクションが

“正解”

ではありません。




アクションには、様々なスタイル、コンセプトがあり

表現の仕方は無限にあります。




アクションは、その場その場で変化しなければなりません。






アクションシーンの全ての出演者が

ボクシング風パンチと、後ろ廻し蹴りのオンパレードじゃあ面白くないですよね。








“水”のように

ティーポットに入ればティーポットの形に

コップに入ればコップの形に

大きな流れになれば

静かに流れ

激しく流れ

時には

山を崩し、岩を砕き・・・





“水”のように

表現しましょう。











『ハイブリッド・アクション教室』


次回のレッスンは

5月20日

日曜日

※希望があれば『ヌンチャク講座』も。










稽古あるのみ。









ドラゴンへの日々は続きます。


右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m