リベンジやないんですが(*^O^*)♪

  • 岡本良史 公式ブログ/リベンジやないんですが(*^O^*)♪ 画像1
  • 岡本良史 公式ブログ/リベンジやないんですが(*^O^*)♪ 画像2
  • 岡本良史 公式ブログ/リベンジやないんですが(*^O^*)♪ 画像3



※今日のブログは、昨日、Twitter(@RyojiOkamoto)でも文句言うてました、アップ寸前に消去してしまったブログを、なるべく同じ内容のものにしようと書いたものであります。


お付き合い下さいませm(_ _)m






タイトル

『大好きな“龍”の話♪』






物心ついた頃から

「何か好きな絵を書きなさい」

と言われれば

“龍”

を描いていた私です。






もちろん観るのも大好き!


神社仏閣に行っては

「龍やぁ〜!!」

“だんじり”の飾り付け彫刻を見ては

「龍やぁ〜!!」

と騒いでおりました(*^O^*)







そんな

“龍”大好きな

私の中でも

かぁ〜なり好きな!

“龍”は!

と申しますと!






京都

妙心寺の法堂天井に舞う

『雲龍図』

です!





江戸時代

当時55歳だった

狩野探幽



8年の歳月をかけて描いた作品!!


直径12メートル。



立つ位置、見る角度により

“龍”の

表情や

動きが違うように見え

どこに行っても、こちらを睨んでいるように見える『八方にらみの龍』としても有名です。

※国の重要文化財であり、個人的な撮影一切禁止されています。



因みに

大徳寺にもある雲龍図も

狩野探幽が35歳の時の作品です。








私は

まだ・・・

妙心寺の雲龍図を

“生”で見た事がありません!




昨年、京都に行った時

妙心寺に行って雲龍図を見よう!と思っていたのですが・・・

その時、ちょうど工事だったかなんだったかで・・・

妙心寺には拝観できるが

雲龍図のある法堂には入れないとの事・・・で

またの機会に!と断念(T_T)






普段、私が身に付ける、大半のペンダントヘッドの作者

『吉田美術彫刻』の吉田さんは

妙心寺の雲龍図を実際に見て

物凄い衝撃を受け!

とてつもないパワーを感じた!

と、おっしゃっていました。






実物が

見たい!



自分の目、胸に焼き付けたい!





ずっとずっと思っている私です。









さて♪

来年

辰年っちゅう事で!

年賀状の“龍”・・・

どないしよ?とお悩みの皆さん!!



私は!

妙心寺の雲龍図を!

お勧めします!!



私は、辰年じゃなくても年賀状に使ってましたけどね(^_^;)♪





今現在

私のスマホの壁紙はこれ♪











いつも側に“龍”を!


心に“龍”を!


“龍”在ればこその

ドラゴンへの日々!





岡本良史



ドラゴンへの日々は続きます。



右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m