映画『新少林寺』は凄い!!

  • 岡本良史 公式ブログ/映画『新少林寺』は凄い!! 画像1
  • 岡本良史 公式ブログ/映画『新少林寺』は凄い!! 画像2
  • 岡本良史 公式ブログ/映画『新少林寺』は凄い!! 画像3





昨日

映画『新少林寺』

を、観て参りました。





私は!




めちゃめちゃ面白かったです!






今日のブログをご覧になっても

ネタバレにはなりませんので

ご安心下さい♪







出演者、セット、衣裳、馬、爆薬、血のり

全てが

《生》(なま)を感じさせる作りで

とても良かったです!





最近、CGやブルーバック撮影の大作映画が多いですが

めちゃめちゃお金かけて

もの凄いセット(少林寺も)作ってます!




大国、中国!の勢いを感じさせる作品です。(香港の色はありません)






アクションに関しては

ワイヤーアクションが少な目・・・まぁ・・・少な目(^_^;)



地についた立ち回りが良いです!

近代的格闘技アクションでなく

中国武術としてのアクションです。






冒頭で、いきなり

ニコラス・ツェーとシー・イェンレン(元の名前、行宇、ユー・シン)が

バチバチっと戦います!



はい♪

バチバチ!なんです!

以前の『少林寺』の

対練的な軽い立ち回りではく

突き、蹴りに

相手を倒す!

という“重さ”を感じます。




ニコラス・ツェーが詠春拳の構えからアクションに入るところがニヤリ♪

ニコラス・ツェー、めちゃめちゃアクション上手くなりました!!






『龍虎門』でサイ使いの用心棒

『カンフーハッスル』で十二環脚の達人

『導火線』でドニーとガチバトル!

『葉問』で葉問の友人にして、日本人とのバトルのきっかけを作る役所。

だんだん素晴らしい俳優になってきた

元少林寺武術専門学校出身の

シー・イェンレン

良い役で、良い演技をしていました。



※シー・イェンレン(行宇)とは、私、過去に会っていたんです♪なお話しは以前のブログにて。

こちらへ↓↓↓↓↓
http://s.ameblo.jp/ryo-the-dragon/entry-10919332698.html






驚異の身体能力で、いつもはめちゃめちゃ悪い奴を演じる事が多い

ウー・ジンが

今回はカッコイい少林僧役!

私としては、もう少しウー・ジンのアクション観たかった!ですが

おいしい役所で熱演(T_T)






『ワンチャイ』シリーズ『セブンソード』『ブレイド』などにも出演の武打星

ション・シンシンは

“鬼脚”の人と言えば功夫電影ファンには同じみの達人!

おお♪鬼脚っちゅう感じの動きで、悪者側の用心棒として、ウー・ジンやシー・イェンレンとバトルします。







そして!

この方が出ている事に感激!

ユエ・ハイ


リー・リンチェイ(ジェット・リー)主演

『少林寺』で師兄

『少林寺2』で父親

『阿羅漢』で師匠を演じ、リー・リンチェイと2人で魅せた、蟷螂拳と八卦掌のコンビネーションアクションは、武術映画史上トップクラスのバトルです!

存在感ありあり!

拳技も重量感ありあり!







本作の主演

アンディ・ラウ

50歳には見えないです!

自業自得やん!お前が悪いんちゃうん!

と・・・突っ込みたくなる役所ではありますが

素晴らしい演技とアクションでございました!

『七福星』とは全く違う、ジャッキー・チェンとの共演が見もの!







どんどんアクションが上手くなる

ニコラス・ツェー



ちょっと“今っぽい”感じが強すぎる感はありましたが

素晴らしい俳優です!







まぁ〜・・・とにかく

人が死にまくり

暗い気分になるこの作品ですが

この人が出ている事で

癒され、明るい光が差し込みます!

ジャッキー・チェン

特別出演ですが

これぞ成龍!と言う役所!

アクションも少々♪







とまぁ〜

もの凄い武打星達のアクションが観れる『新少林寺』

ですが

アクションだけが凄いのではありません!

先にも挙げましだが

とにかくセットが凄いのなんの!

ああ・・・セットを・・・ここまでやるんや・・・



観てのお楽しみ!




エキストラの数も大量!




人だけでなく“馬”が大活躍しているのもこの作品の特徴!

ちょっと・・・お気の毒・・・過酷なんちやゃうん・・・っちゅうくらいの健闘ぶりも

是非観て頂きたい。









中国(香港合作)の映画という事で

お国柄や・・・

色々と思う所・・・感じさせる所・・・

沢山ありますが・・・



これぞ中国!



という想いが


この作品に込められているように感じます。





そこを、どう取るか!?



観る方次第でしょうが





私は

『新少林寺』

名作だと思います!






人が沢山死んで

どちらかと言えば、重いストーリーです。


明るくスカッとアクションが楽しみたい!

という方にはお勧め出来ません。





しかし

武術映画が好き!

という方は

是非劇場へ♪









私は

何度も何度も

様々なシーンで

涙が溢れてきました。

横で奥様が、呆れてましたけど(*^O^*)






面白い武術映画を観るとテンション上がります!



そんな単純な私の(^_^;)

ドラゴンへの日々は続きます。



右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m

 
  • コメント(全1件)
  • もりりー(誠意献給一代巨星李小龍!) 
    11/21 14:38

    おっしゃる通り、個々の役所にそれぞれの持ち味が出ていて良かったです。ラストのアンディラウ対ニコラスツェーなんか基本アクションに期待出来ない二人とは思えない戦いっぷりで驚きました

    殆どが壮絶な闘死する辺りはチャンツェーの邵氏作品を彷彿させる涙なくしては見れない傑


    あと売れっ子ファンビンビンの美しさも相変わらずでした

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)