『ドラゴン“蹴撃”の日々 Part1』

  • 岡本良史 公式ブログ/『ドラゴン“蹴撃”の日々 Part1』 画像1
  • 岡本良史 公式ブログ/『ドラゴン“蹴撃”の日々 Part1』 画像2
  • 岡本良史 公式ブログ/『ドラゴン“蹴撃”の日々 Part1』 画像3



李小龍

に魅了され

今に至る私。




武術家や格闘家としてではなく

アクションとしての

“足技”を

追求してきました。







しかし!

李小龍の足技って

なかなか真似出来ないんですよねぇ〜・・・。


同じように蹴る事は出来ても・・・

やっぱり

違う・・・。







スピード

爆発的瞬発力

それだけではないんです・・・。





ブルース・リャン

レオン・タン(タン・トウリャン)

黄正利

数々の足技のスペシャリスト達はいます!



最近は「なんじゃそりゃ!?」というくらい、物凄い足技の使い手も沢山います。




なのに・・・

李小龍は別格といいますか別次元!





特に!

アクション界や格闘技界に

多大なる影響を与えたのは

“後ろ廻し蹴り”

でしょう!!



テレビ、映画の出演作の中でも

様々なパターンの後ろ廻し蹴りを披露しています。

李小龍は

右リード(サウスポースタイル)での構えるので

大半は、リアレッグとなる“左足”による後ろ廻し蹴りが多く見られます。


後ろ廻し踵蹴り

後ろ廻し背足蹴り

後ろ廻し横蹴り

後ろ廻し廻し蹴り

等、様々。



李小龍の後ろ廻し蹴りの中で

一番多く見れるのが

後ろ廻し踵蹴り(ジュン・ソーテック)です。




私が、よく参考にするシーンを、いくつか挙げていきますね♪



写真が多くなりますので

何回かに分けてお話しして参ります♪





お楽しみにぃ〜♪





ドラゴン“蹴撃”の日々は続きます。



明日(23日)の『ハイブリッド・アクション教室』でも蹴りまくります(*^O^*)



右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m