文句言うたらアカン!・・・けど(^_^;)

  • 岡本良史 公式ブログ/文句言うたらアカン!・・・けど(^_^;) 画像1
  • 岡本良史 公式ブログ/文句言うたらアカン!・・・けど(^_^;) 画像2
  • 岡本良史 公式ブログ/文句言うたらアカン!・・・けど(^_^;) 画像3



やっと観ました・・・

リメイク版

『グリーン・ホーネット』

レンタルで・・・(^_^;)






公開前

李小龍ファン達は

ボロクソ言っていましたが

私は

過去の作品は過去の作品!

今回は

全く別物として観るべき!

と申しておりました!

が・・・

はい・・・

確かに・・・

言っておりました・・・。





が・・・





観たら・・・





私・・・





文句タラタラでございました(^_^;)




ジェイ・チョウ演じる“カトー”については

マスクが似合わへんなぁ〜っていう以外は

まぁ、こんなもんかなぁ・・・。という感じでした。

最初から全然全く期待していませんでしたし、李小龍と比る事自体バカらしいし(*^O^*)♪



ただ、メイキングで、ジェフ・イマダ師から指導を受けているのは羨ましかったですね。

まぁ!カトーをやる!っていう事自体、めちゃめちゃ羨ましいんですが(^o^)



ですから、カトーに関しては、変にアチョーってやられるより

あれくらいで良かったです。

むしろ、逆に、カトーに対する愛を感じましたね♪



オリジナルは“日本人のカトー”という設定が、中国人となっていても気にならなかったです。

だって、李小龍自身不本意であった、日本人役のカトーは、全く日本人らしくなかったですから(^o^)


カトーが普段バイクに乗っている時の格好が、グリーン・ホーネットのプロトタイプ版に似ていたり


カトーが泳げないっていうシーンも、李小龍本人が、水が怖くて泳げなかったとい説があり、ニヤリ♪ですし


カトーのスケッチブックに、李小龍の絵があったり


車の中で『かかってこい!』の李小龍っぽい仕草を練習したり


ワンインチ・パンチ使ったり


あからさまに!ではないヌンチャクの使い方だったり


ジェイ・チョウのカトーは

あれで充分だと思いました。






文句を言いたいのは

セス・ローゲン!

本作の脚本も彼!

作り手側な訳です・・・。



コメディ俳優でもあるセス・ローゲン演じる

ブリット・リードに・・・

全く共感出来ず・・・

ただ時間が過ぎていきました。



別にキャメロン・ディアスもいらんしなぁ・・・。


ブリット・リードは超2枚目でやって欲しかったぁ〜。


ブリット・リードがあれだから、ヒットせぇへんかったんちゃうん?と思ってしまいます。





おバカ映画として観ていれば受け入れられる!

と思いつつ・・・

結局・・・

ため息ばかり・・・





グリーン・ホーネット達が乗る車

“ブラック・ビューティー”も

オリジナルと同じ登場にして欲しかったなぁ〜・・・






でしたが!






ラスト!

あの名曲が流れた瞬間は

鳥肌ドバァ〜!!


やっぱり、この曲がないと!





続編作るなら

キャスト総とっかえで

『バットマン・ビギンズ』や『ダークナイト』寄りにして作って欲しいです。









オリジナルが

伝説的な作品だけに



どう切り崩していくか

それが問題ですよね。






やはり

なんやかんや言いましても

気になるのは

カトーなんですよね(^_^;)







それでこその

ドラゴンへの日々♪






凄い『グリーン・ホーネット』を期待して!






ドラゴンへの日々を歩みます。



右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m