功夫を積む!《アクション動画あり》

  • 岡本良史 公式ブログ/功夫を積む!《アクション動画あり》 画像1
  • 岡本良史 公式ブログ/功夫を積む!《アクション動画あり》 画像2



8月13日に

無理矢理・・・

47歳に・・・

されてしまいましたが・・・(>_<)





8月14日の

『ハイブリッド・アクション教室』

でも

頑張ってアクションしました♪




レッスン動画です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=3K...



闘っているのは

某国営放送の大河ドラマに出演か!?の

俳優の日高智弘さんです!

最後のバックキックで、少々ダウンしてしまいましたが(*^O^*)

その後も3回ほどバックキックを喰らうハメになりました♪

ラストのバックキックは、かぁ〜なり深くええ感じに入ったのですが、前半のアクションがイマイチで不採算(^o^)






しかし

何やかんや言いますが

ワンカットで

これだけの立ち回りをするのは、なかなか大変なんです!





映画やドラマなら

カットを割り

技ごとにバシッ!ビシッ!シュバッ!っと効果音が入り

音楽が加わりますから

多少ごまかしが効きます。




後は

カメラが

アクションと一緒に動くと

臨場感も倍加します。

ジェイソン・ボーンシリーズなんかは、その典型ですね。

これも、かなりごまかしが効きます!





カメラ固定でっちゅうのは大変なんです(^_^;)

まぁ、レッスンでのチェック用なので、変にごまかす必要はないですが







まず

アクション(立ち回りの順序・振り)を覚えて

テンポを覚えて

感情入れて

徐々にスピードを上げて

何回も何回も何回も・・・繰り返します!

この動画のアクションで大体45分くらい稽古しています。

時間さえかければ

もっともっとクオリティーは上がります。







ですから

アクション作品を撮るとなると大変なんです。






しかし

ハリウッドのように

時間もお金もかけられない

日本の作品は



立ち回りの

カット割り

カメラアングル

等を

アクション監督やコーディネーター、殺陣師



的確な構築で

アクション出来ない俳優達を

めちゃめちゃカッコ良く

魅せちゃうのです!

その影には

ビデオコンテを作ったり

と、下準備に手間暇かけているからこそ

時間のない現場でも対応出来るんです。

スタントマンの存在も忘れてはいけません!

しかし・・・やっぱりアクションには時間かかりますよね。




作品によっては

その場で

アクションを振り付け

覚えて

本番!

という作品もあります。



そんな時は

出演者が

アクションの経験の

ある、無し

で、かなり状況が変わります。




最近は

観る側の方々も

“本物”か

そうでないか



見極めが出来てしまいます。




それに

対抗すべく

監督

演出家

アクション監督

アクションコーディネーター

殺陣師

ファイトコリオグラファー



様々なアイデア、演出を

日夜考えています。

ですから

喜怒哀楽を表現し

観る側に

何かを感じて貰う

演じる俳優達も

それに負けない努力が必要ですよね。

アクションに興味無しっちゅう方は別ですが。







だからなんやねん!っちゅう話ですよね(^_^;)

必要と感じた人は行動しますでしょうから♪










私は

私の

ドラゴンへの日々を歩みます。




まだまだ!

功夫を積まねばなりません!









ひょっとすると

『岡本流・ハイブリッド・アクション教室』も

新たな場所、環境での

新展開!

凄い事になるかもしれません!








ドラゴンへの日々は続きます。





右拳左掌にて拳包礼。

m(_ _)m