ものまねメイク連載39 平井理央アナウンサー風

  • おかもとまり 公式ブログ/ものまねメイク連載39 平井理央アナウンサー風 画像1
ものまねメイク術

連載・第39回目は…

『平井理央アナウンサー風ものまねメイク術』です





平井理央アナウンサー的
ものまねメイクPOINT!

『ふんわり「円(まる)」ラインメイク』


(ベース)

BBクリームでナチュラルにベースを。気になる部分をコンシーラーでカバー。

固形ファンデーションをブラシにとり、お粉変わりに整えます。(ナチュラルに見えながらキレイにカバーできます!)


(眉)


グレーのアイブロウペンシルを使います。

画像のように、眉頭から眉山まで同じ太さで描きます。眉山から眉尻にかけて少し下げて描きます。

アイブロウブラシで眉を溶かしながら整え、色も馴染ませます。

(この眉の形で平井理央アナウンサーのような、女性らしい優しい印象になります。)


(アイメイク)

★アイシャドー★

ぷっくり涙袋がシャドーがPOINT



上瞼には、

ベージュの微粒子パール入りのアイシャドーを瞼全体にのばします。これだけでOKでした。

下瞼にも、

上瞼と同じアイシャドーを、涙袋にのせます。

さらに光沢のあるホワイトのアイシャドー(真っ白ではなくアイボリー系)をのせ「ぷっくり」させます。

★アイライナー★


ブラックのリキッドアイライナーを使います。

(細い線が描けるタイプがオススメです。)

画像のように、

黒目の始まり部分〜睫毛の生え際を埋めるように&目の形にそりながら、目尻にかけて「半円」を描くように「円く」少しだけ下げながら細くひきます。



グレーのペンシルアイライナーを使います。

(まゆで使ったアイブロウペンシルでもOKです。)


タレ目(三日月目)になるように、下アイラインは少し工夫します。

黒目の終わり部分〜目尻にかけて、目の形にそりラインをひきます。

ひき終わった部分から、目の下に少し下げるようにラインを足します。

綿棒でぼかします。



(下睫毛にマスカラをぬれば全然不自然ではありません。)


★まつげ★

上下の睫毛共、しっかりビューラーをかけ、

ブラシタイプのブラックのマスカラで、ダマにならないように睫毛をのばします。


(チーク)



ローズピンク系のチークを使います。

画像のように中央に「丸「」のせます。

何もついていないブラシで外側にのばします。


(リップ)

マットタイプではなく、少し潤い感のあるベージュピンクの口紅で色をつけます。

(グロスではなく口紅を使うことで上品になります。)