ものまねメイク連載20 AKB48大島優子さん風

  • おかもとまり 公式ブログ/ものまねメイク連載20 AKB48大島優子さん風 画像1
  • おかもとまり 公式ブログ/ものまねメイク連載20 AKB48大島優子さん風 画像2
  • おかもとまり 公式ブログ/ものまねメイク連載20 AKB48大島優子さん風 画像3
ものまねメイク術
連載・第20回目は…


初のAKB48『大島優子さん風』
ものまねメイクです




こんな顔から













AKB48大島優子さん風
ものまねメイクPOINT!

『涙袋を描いて作る!!涙袋メイク』




(ベース)

BBクリームでナチュラルにベースを。気になる部分をコンシーラーでカバー。

(明るめのコンシーラーを使用し肌をワントーン明るくするのがポイント)

固形ファンデーションをブラシにとり、お粉変わりに整えます。(ナチュラルに見えながらキレイにカバーできます!)





(眉)

ストレート=困り眉をイメージした形にカット。

ナチュラルに、ブラウンのアイブロウで眉をかきます。




(アイシャドー)

ブラウンのアイシャドーを、睫毛の生え際に、アイラインのようにいれます。



ベージュのマットタイプのアイシャドーをブラシにとり、先にのせたカラーをぼかすように、重ねていきます。

(他のメイクを目立たせたいので、上瞼のメイクはこれだけで大丈夫です)




(アイライナー&つけ睫毛)

くりっとした目の形を作って行きます。



画像の用に、黒目の部分から、目印に向かって、半円を描くように、ブラックのリキッドアイライナーでラインをひきます。
下ラインは、ブラックのペンシルアイライナーで、画像の部分にラインをひきます。
(綿棒で簿かします。)



目尻に向かって長くなっている付け睫を使います。

(アイラインは円く、つけ睫毛は目尻長めで、くりっとしている猫目を作ります。)

上アイラインを描いている場所に、つけ睫毛をのせます。

下睫毛には、ビューラーをしっかりしてから、マスカラをたっぷりぬります。

(ビューラーが苦手でしたら、下睫毛の睫毛パーマや、下睫毛の睫毛エクステがオススメです。)




(POINT涙袋メイク=下瞼メイク)




ブラウンのアイシャドーをチップにとり、このように、ラインをひきます。




肌馴染みの良いベージュのアイシャドーで、先ほどひいたラインをぼかしながら、色をのせます。





ファンデーションでなじませます。




明るいパール入りのベージュのアイカラーで、涙袋にしっかり色をのせます。




(チーク)



オレンジのチークを、画像のように斜め三角形に入れます。

仕上げに、
丸い濃いピンクの部分のように、オレンジのチークを円くふわっと足して完成です。




(リップ)

健康的な、赤いグロスをのせます。(ほんのり色付くクリアに近い赤です。)





第1回目

藤井リナさん風
第2回目

佐々木希さん風
特別編!!鳥居みゆきさん風!?

第3回目

鈴木えみさん風
第4回

スザンヌさん風
第5回目
特別編!!岡本夏生さん風!?
第6回目

西野カナさん風
第7回目

田中美保さん風
第8回目

紗栄子(サエコ)さん風
第9回目

木下優樹菜さん風
第10回目

北川景子さん風
第11回目


きゃりーぱみゅぱみゅさん風
第12回目

小倉優子さん風
第13回目

菜々緒さん風
第14回目

若槻千夏さん風
第15回目

西山茉希さん風
第16回目

加藤ミリヤさん風
第17回目

ほしのあきさん風
第18回目

桐谷美玲さん風
第19回目

鈴木奈々さん風