どうしても

皆さんお疲れ様です。

僕は、よく芝居を見に行ったりすることがあります。

その時にどうしても、その舞台の世界観に入って行けないことがあります

わかりやすい例で言えば特攻隊の話しの舞台です
ここ最近舞台で、特攻隊の話しをやってるのを見ると、特攻隊の役の人全員坊主頭じゃないんです

そうすると僕は、その舞台の世界観に入って行けません。

そういう人は、僕だけではないようです。

そういう舞台を見ると必ず観客から「なんであの人髪の毛長いの?特攻隊の役でしょ」というつぶやきが聞こえます。

演技が下手なら、最低限格好から。

演技が上手くても、格好から入って行く。

それも一つの役作りだと思います。

まぁ〜ディズニーランドにドラえもんがいたらおかしいでしょ、それと同じです。

良い芝居しても、その髪型格好一つで台なしなんてこともあります。

 
  • コメント(全3件)
  • 笑子グリー辞める事に今まで有難うです! 
    6/11 19:45

    ディズニーランドにドラえもん、分かりやすい例えですね

    確かにいたら、おかしい

    舞台で、役作りに髪型や格好から入る事もお客さんを引き込む大切な要素ですよ

  • 岡元慶太 
    6/11 20:47

    コメントありがとうございます


    まぁ〜ぶっちゃけ理由はわかるんですが、でもそこは僕の譲れない所なんです。
  • あけ 
    6/11 22:31

    岡さんと同意見。

    そういうマイナスだと思うのを見て勉強になってると思うよ

    上から目線の意見になった
    スマヌ

    舞台見にいきたーい

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)