決勝戦をふりかえり

  • 岡元あつこ 公式ブログ/決勝戦をふりかえり 画像1
  • 岡元あつこ 公式ブログ/決勝戦をふりかえり 画像2
一夜明けて、

全日本少年サッカー大会 奈良県大会決勝は、
O-3でディアブロッサ高田が優勝いたしました。

われらがYF NARATESOROは準優勝。

結果は残念だけど、それでもこんな素晴らしい舞台に連れてきてくれた選手たちには感謝しかありません。


ありがとう。
ありがとうね。


試合前。

テレビの生中継。
何台ものカメラ。
走り回る新聞記者。
満員の観客席。


小学生の大会でも、決勝戦の雰囲気はすごいです。




YF NARATESORO応援席には、YANAGI FIELDでのトレーニングを終えて駆け付けたU-10、このすぐあとトレーニングマッチを控えているU-15と、出場しているU-12の選手たちの保護者の皆様に限らず、U-10のお父さんお母さん、U-15のお父さんお母さんもみんなみんな応援に来てくれました。そして今回登録メンバーには入れなかったU-12の選手たちも、応援団として声の限りにチームに尽くします。
全国大会常連のディアブロッサ高田に対して
YF NARATESOROは創部1年のチーム。
応援だって、太鼓や鳴り物を使った大応援団での練習もしっかりしてここに来ている高田と比べたら、

なにしろ初めて尽くしのわがチーム

ところが。

鹿実エンジンを積んでいるといわれる久保コーチ、広島産の熱い魂を持つよしコーチが、まさに声がかれるまで応援の先導をしてくれて、高校サッカー・大学サッカー直伝の応援を選手たちに伝授してくれました。U-15、U-10の選手も、お父さんお母さんも、みんなで声の限りに、魂の限りに応援します。

直前に骨折をしてしまい試合に出られなかったタイショウも、選手としてベンチに入ります。選手としてピッチに立てなくても、チームのために全力を尽くすタイショウの姿は、ちゃんと神様が見ているからね。

守護神ケイゴは、スクールからチームに入ったころはころんとした体格でしたが、ハードな練習でどんどんスリムにスタイルが良くなり、さらにぐぐっと背も伸びて一層たくましく、ゴール前に立つ姿も本当にかっこよくなりました。すぐ「緊張する〜」といいますが、いえいえ、堂々としたものです。YF NARATESOROの守護神ケイゴです



チームに入ったばかりの小学校3年生の選手たちに、この決勝戦はどう映ったのかな。みんなキラキラした目で柵にぶら下がるみたいにかじりついて観てた。
もうすぐ、君らもここを目指すんだよ。
そしたらまたここに連れてきてね。またここに、来ようね。



表彰式。

キャプテンのタカが準優勝の賞状を頂戴し、副キャプテンのカンヤが身長の半分のサイズはあろかという大きな大きなトロフィーを戴きました。
そして選手全員に、メダルも授与されます。


うれしかったのは、選手たちが本当に本当に堂々としていたこと。
泣いている選手も何人かいたようですが、全員が胸を張って前をしっかり見ていたことが、本当に本当にうれしかったです。



ちなみに一番泣いていたのは


応援副団長のよしコーチでした





試合後には、ディアブロッサ高田の大応援団から「サンキューYF!」のエールが。
こちらも「サンキュー高田!」「ガンバレ高田!」の大コール。
こういったエール交換ができるのも、両選手たちが精一杯戦ってくれたから。
スポーツっていいなあって感じる瞬間です。





素晴らしい決勝戦でした。


ひたひたと来たりくる「その日」を感じられるような、
キラキラした光がもうそこに見えてきたような、
そんな決勝戦でした。




応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 
  • コメント(全3件)
  • かあこ 
    6/13 12:37

    相手チームもYFも共に素晴らしいチームでしたね

  • 玩具 iphone修理中T^T 
    6/13 22:39

    準優勝おめでとうです!欲しかったですね!
    ワールドカップを見て、世界のレベルを勉強させてね!子供の頃から、高いレベルのプレーを見る事ってイメージトレーニングに最高なんですよ!
    録画が良いですよ!止めたり戻したりと、いろいろと教える事できるから!オレもサッカーはやってるし、昔は良い選手だったみたいです!?(回りの話し!)f^_^;
  • 腕白亭主 
    6/14 18:09

    準優勝おめでとうございます。
    僕も少年サッカー
    コーチを昨年4月までしていたので、記事をとても懐かしく感じながら読ませていただきました。

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)