グレッグ



ども、英語が苦手な岡田達也です。







英語は苦手だ。

学生時代にちゃんと勉強しなかったツケがしっかり回ってきている。

だけど

決して嫌いなわけではない。

一生懸命ヒアリングすれば何となく相手の言いたいことは分かるし

こちらに何の語彙もなくても

ボディランゲージも込みにすれば成立する会話もある。

だから

外人さんに話しかけられることが嫌いじゃない。

ろくすっぽ会話はできないくせに

なんとかしてやろうというスケベ根性だけは一人前なのだ。



で、昨日の話。

新宿駅で湘南新宿ラインを待っていたときのこと。

一人の若い外国人男性が若い女性に話しかけていた。

が、その女の子2人組は英語が苦手だったのか

何かが気に入らなかったのか

その彼からスーッと離れていった。

次に彼は僕の顔を見た。

「あ、話しかけてくる」そう思っていると……。



って、今から書くと劇場入りに遅れそうなので

続きはまた明日。







では、また。