ドライな夏



ども、初日の幕を開けた岡田達也です。







ココだけの話だが……。

衣裳部さん的には

「頼むから時代劇は冬にやってくれ!」

という意見らしい。

その理由は、もちろん汗。

どいつもこいつも

(特に男優陣は)

むやみやたらに汗をかく。

いやいや

むやみやたら、なんて書くと可哀想だな。

立ち回りで汗をかく。

普段着慣れない着物の厚さに汗をかく。

前夜のアルコールのおかげで汗をかく。

(それはオマエだろ)

カツラを被る際

羽二重というもので髪の毛を包むのだけど

そいつに蒸されて汗をかく。

筒井俊作は生きているだけで汗をかく。

(時代劇とは関係ないだろ)

ま、とにかく汗を各要素が普段の公演よりも多い。

それなのに

借り物の衣裳というのは洗えない場合が多いのだ。

(傷んじゃうからね)

ところが。

成井さんにもいろんな予定があるようで

今回のように時代劇が夏になってしまうこともある。

衣裳部さんがどれだけ舌打ちしようと

親分の言うことは絶対なので

みんな汗を垂らしながら乗り越えていくしかない。

そんなことを何度か経験しているウチに

衣裳部さんも腕を上げてきた。

なんとウオッシャブルな着物を作るようになったのだ!

洗える着物。

当たり前のことと思う無かれ。

これはすごい技術なのだ。

しかも手洗いではない。

洗濯機で洗えるのだ。

これで汗臭さはグッと抑えられる。

さらに。

個人的にすごく感謝しているのは

「ドライTシャツ」の存在。

こいつが有り難い。

こいつがもの凄い。

昔はアンダーが

(衣裳の下に着込む下着ね)

綿のものしか存在しなかった。

これが、もう、本当に、何というか

汗を吸って吸って吸いまくって

重くなる一方だった。

終演後、搾れるほどの汗を吸い込んで苦労していた。

ところが。

ドライは違う。

どれだけ汗をかこうと重くならない。

あれ、どういう理屈でそうなっているのか分からないけど

お芝居のアンダーになるために作られたのではないか?

(絶対に違うだろ)

と勘違いするほどだ。

もちろん今回もお世話になっている。

コイツがなかったらと思うとゾッとする。



今年の夏もドライで生きていく予定。

いえいえ

ドライな人間、という意味ではないですよ。

いえいえ

ビールは常にスーパードライという意味でもないですよ。

さて

今日もドライを着込んできますか。







では、また。

 
  • コメント(全7件)
  • ぁぉ{オナコメ読んでね 
    8/7 08:46

    世の中便利になっていきますよね

    ドライで頑張ってください(*^艸^*)
  • Marica☆ユーリ視聴につき還元遅れスミマセン 
    8/7 08:53

    普段から着物を着ていますが、汗かきなので、夏場は困りま


    正絹は汗どころか、水や手の脂などでもシミになり、洗うのも手間とお金が物凄くかかるので

    洗える着物も安い品は通気性が悪く、良い品は絹並みに高価です。

    2サスや舞台を観ていると、着物が心配になったりします


    でも、CBでは、その必要なく、物語に集中出来そうですね

  • 一宵吏【リア優先】一周忌 
    8/7 09:14

    差し入れは
    スーパードライがいいと…
    察しました(`・ω・´)
  • デイジー 
    8/7 11:12

    普段のお芝居でも凄い汗ですもん
    着物ならなおさら
    ライのおかげでますますいいお芝居観られそうですね

  • キャラメル 
    8/7 12:26

    確かに。着物を洗うのは、至難の技。ドライシャツは本当に楽です。すぐに乾くし…洗える着物はいいですねー
  • RYOKO 
    8/7 20:18

    夏場の着物
    とにかく暑い

    洗うには手間と何よりお金がかかるし…
    昔はどうしてたのかなぁ。

    ドライってそんなに凄いんですね
    驚きです。

    ドライなサマーツアーで、熱く頑張ってくださいね

  • rabbit 
    8/7 23:59


    タイトルで真っ先にビールの話かと思いました(笑)

    私もドライTシャツ欲しいです(´・ω・`)


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)