300%



ども、いつだって120%の岡田達也です。







ハッピーターン。

なんてことだ。

たんまり買い込んで

従弟に送って一仕事終えた満足感に浸っていたのに。

どうやら僕は大きな勘違いをしていたらしい。



以下、昨日届いた従弟の息子さんからのメール。



届きました!

ありがとうございます。

ブログ見ました(^o^)

300%は横の箱型のやつです

これは言おうか迷ったのですが、ブログ見たんでいっちゃいます。

250%は近所にも売ってて、家にも数個ありました。

しかし、せっかく送ってもらったので、美味しく頂きます。

ありがとうございました。



……。

……なんてことだ。

存在するのかよ、300%……。

この日記を読んだ方からもたんまりメールが届いた。

どうやら200%の味付けのものに

別の小袋に100%分のパウダーがついていてそれを振り掛けるらしい。

亀田製菓の方よ。

あなたたちは何処まで行くのだ?

いや、どこまで購買者を連れて行ってしまう気だ?

それはもはや麻薬のレベルではないのか?

禁断症状を起こそうとしているのではないか?

パウダーをご飯に振り掛けるだの

ポテトチップに掛けるだの

そのままなめるだの

メールをくれた方の中にもかなりの中毒者がいた。



じょうじくん

(メールくれた子)

もう少し待っててね!

お兄さんは

(おじさんって呼んだら殴るからね)

今、お芝居の稽古で忙しいから難しいけど

落ち着いたら300%を探して送るからね!



首を洗って待ってろよ、300%。







では、また。