IKB48



ども、残すところ2日になった岡田達也です。







先日AKB48の総選挙なるものが行われた。

アイドルなんてまるで無頓着な僕でさえ

4人くらいの名前は覚えてしまった。

その破壊力のある勢いは素直にすごいと思う。



で。

1位に返り咲いた前田敦子ちゃんがこんなコメントを出していた。

「私のことが嫌いな方もいると思います。

でも私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください!」

うーん。

そうか。

見方によっては随分な優等生発言とも受け取れるけど

本音でもあるんだろうな。

この言葉が僕の中でずっと引っ掛かっていた。



『賢治島探検記』の前説で

筒井俊作が言っていた。

「筒井が好きな人は携帯電話を切ってください!

筒井が嫌いな人も切ってください!

筒井に興味がない人も切ってください!」

それを観たとき

「あー、やっぱりそうなんだよな」

と一人で合点した。



子供の頃

万人に愛される人間になりたいと本気で思っていた。

でも、いつごろからか

それは不可能だから

その代わり一人でも多くの人に愛されるような人間に

という修正が入った。

そうなのだ。

万人に好かれることは難しい。

けれど

一人の人に好きになってもらえることは可能性が高い。

ならばその数を少しでも増やせることができればいい。



一人一人が魅力的な役者(もしくは人間)であることができれば

キャラメルボックスだって

AKBに負けないくらいの

(そこで競っていいのか?)

集団たり得るかもしれない。



キャラメルボックスの前田あっちゃん(前田綾ね)が

カーテンコールのご挨拶で言っていた。

「池袋に来ればいつでもキャラメルボックスが観られる!

これからはIKB48ととして頑張ります!」

残念ながら『賢治島探検記』は昨日で終わったけど

ハーフタイムシアターは3ステージ残っているし

今月末には新たな芝居が始まるし。

そう考えると

やはりライバルは彼女たちなのかもしれない。



さあ、頑張ろう。







では、また。