珍事



ども、まさかの勝利を見届けた岡田達也です。







僕は長年のホークスファンである。

南海時代からのファンである。

ボヤキの王様・ノムさんが監督兼捕手を務めているころからのファンである。

その歴史は長い。

愛情だって深い。



だけど……。



僕が応援に行くと大抵負ける。

かなりの高確率で負ける。

自分ではジンクスとして決めつけないようにしてはいるが

それでも

「あー、やっぱり自分が観に来たから今日も負けてしまった……」

という試合が続くので

自分は疫病神ではないのか?

とドキドキしてしまい心の中でホークスファンに謝っている。



新宿のチケットショップで

東京ドームの外野席の最前列が売られていた。

もちろんレフト側(ホークス側)だ。

たまたまお休みだった。

大阪公演を乗り越えたご褒美だ!

行こう!

でも……

行ったら負ける確率高いし。

ええい、こんな機会滅多にないのだ!

行ってしまえ!

久しぶりの一人野球観戦に出かけた。



ジャイアンツの東野投手は素晴らしかった。

手も足も出ないとはこのことだった。

8回途中までに12三振を奪われ

完封負けも見えてきた。

僕は心の中で

「みなさん、ゴメンナサイ。

私のせいなんです」

と周囲の人たちに頭を下げていた。



ところが……。



なんと

8回2アウトからまさかの3連打で逆転したのだ!

長谷川選手のヒットから

代打・松中

代打・カブレラ

と秋山監督の策が見事にはまりホークスは勝利を収めたのだ。



わわわ

勝っちゃった。

どうしよう?

何か悪いことでも起きないか?

なーんて

球場で考えてしまったけど

そんなことはない。

きっと神様が「東京公演も頑張れよ!」

とエールを込めて勝たせてくれたのだ。

素直に勝利を喜ぼう。



でもね、ホークスファンのみなさん

しばらくは球場に応援に行けないので

安心してくださいな。







では、また。