詰めの甘さのオマケ



ども、かに寿しが食べられなかった岡田達也です。







まずは昨日の日記を読んで頂きたい。

僕は楽しみにしていた「かに寿し」に有り付けなかった。

まあ、いい。

人間誰だって忘れることはある。

電話をかけてきた声も申し訳なさそうだったし。

また帰省したときにでも食べるさ。



終演後、衣裳を脱いで着替えていると電話が鳴った。

相手は僕の従弟の栄二さんだった。

今回、家族連れで初めてキャラメルボックスを観劇に来てくれていた。

なんだろう?

初めてだから面会の手順がわからないのかな?

僕は電話に出た。

「おう、達也?」

「うん、どうしたの?」

「いやな、叔母さん(つまりは僕の母)が電車の時間を間違えとってな。

もう出ないけんだって。

だけ達也には会わずに帰るって言いよんなるけ。

で、団子を預かっただけどどうすりゃええだ?」



……。

おいおい。

電車の時間を間違える?

なんだそりゃ?

いつもは確実に余裕を持ってチケットを取ってるじゃないか?

しかし、詳しい事情がつかめないので

とりあえず栄二さんとだけ面会した。



夜、母親からメールが届いた。

「大阪と神戸と、自分がいる場所を勘違いしてしまって」

わっほい!

どんな勘違いなんだ!

理解ができん!

だって、そこを勘違いしてても電車の時間には何の影響もないだろう。



まあ、いい。

かに寿しにも有り付けない

両親にも会えない

そんな散々な千秋楽だったけど

舞台上からは元気な姿が見えたから。

にしても……。

詰めが甘いな。







では、また。







追伸



作家・有川浩さんの日記です。

『有川日記』

http://blogs.yahoo.co.jp/f15eagled...



こんな素敵な挑戦してくださってます。

にしてもお忙しいだろうに大阪公演、全日完走してくださいました。

有り難いことです。