幼少の記憶 その1



ども、鳥取生まれの岡田達也です。







ちょっと子どもの頃の話を書く。

でも長いので何日かに分割させてくださいな。

あんまり面白い話ではないかもしれないけどお付き合いください。





1968年2月13日

午前10時10分

そんな時間に

身長55cm

体重3600g

というサイズで生まれてきた。



僕を取り上げた先生が

「うわ!なんだ!

この子から放たれる神々しいまでの輝きは!

きっと将来すごい人間になる!」

というような発言もなく

いたって普通に生まれたそうだ。



その後2年間は鳥取で暮らしたのだけど

全く記憶にない。

いや、正確には

「叔母の家の居間」

「家の前を流れていたどぶ川」

など

断片的に切り取って思い出せるものはいくつかあるのだけど

それも片手で足りるほどだ。



3歳で岡山の西大寺に引っ越すことになる。

で、

この頃からの記憶はちゃんと残っている。



毎朝庭の塀の隙間から

出勤していく父親に手を振って見送っていたこと

毎夜父親が夜食にラーメンを作っいて

それを子供用のお椀にお裾分けしてもらって食べていたこと

父親に無理矢理抱きかかえられ

嫌がるのもお構いなしで顔に髭を擦りつけられたこと



って回想してみると

不思議と父親の記憶が多い。

そう、この頃の僕は父親のことが好きだったのだ。







つづく