エビ



ども、エビ好きの岡田達也です。







「イカがが好き」という話はいろんな所でしているのでご存じの方も多いかもしれない。

実は負けないくらいエビも好きなのだ。



エビ、海老、蝦、えび……。

表記がどんな風に変わろうとも

エビを愛する気持ちは変わらない。

車エビだろうが

伊勢エビだろうが

甘エビだろうが

輸入物のブラックタイガーだろうが

富山湾の白エビだろうが

産地にも大きさにもこだわりがない。



好きな料理法の代表格は天ぷらとエビフライが双璧で

これに勝るものはない。

お店のようにはいかないけど

我が家でもたまに揚げたてを食べる。

もう、グフフフってな感じだ。

ちょいと離れて

エビのチリソース、エビのマヨネーズ和えが後を追う。

こやつらは家庭で食べるより

断然お店で食べた方が良い。

さらには

中華丼に入っている小さなエビでさえ

「おおっ、我が愛しのエビよ!」

と思ってしまうほど。

それほど何でも来いなのだが……。



どういうわけか

お鮨のボイルしたエビだけは食べない。

甘エビは大好きで必ず頼むのだが

茹でたエビは注文しない。



いつもお店のショーケースの前で

エビを眺めながら

「どうして自分は注文しないのだろう?

こんなに好きなのに」

と、自問自答を繰り返し

挙げ句

「すみません、イカください」

と、違うものを頼んでいるのだ。



本当にどうでもいい話だが

自分の中の七不思議なので書いておいた。

書き記すと謎が解けるかも

なんて思ったもので。

お付き合いさせて申し訳ない。







では、また。