『水平線の歩き方』



ども、水平線を歩き始めた岡田達也です。







本日のプロ野球開幕より一足先に

昨日ハーフタイムシアター2本立ての稽古開始。

僕にとっては2011年最初のキャラメルボックスの舞台。

つまり劇団としては2本目だけど個人的には開幕戦。



読み合わせをする。



面白い。



ココだけの話

(成井さんにばれると怒られそうなので)

近年の成井さんのオリジナル脚本では一番好きだ。

もしも

この台本を上演して

お客さんの気持ちを動かすことができなければ

それは僕ら役者の技量や努力やハートが足りないのだ。

そう断言できる。



僕はあなたの背中を押したい。



(傲慢な発言に聞こえたらゴメンナサイ)



どうか、どうか、劇場でお待ちしています。





最後に。

キャラメルボックス製作部デスク担当・佐藤啓子

(通称ちゅうさん。小動物系だが立派な人妻)の文章をこっそり借りてきたのでそれを貼り付けます。



「今日も大きな余震がありました。

いつも心のどこかが緊張していて、くたびれますね。

でも、油断するわけにもいきません。

こんなときこそみんなで集まって、笑いあう時間が必要ですね。

早く劇場でみなさんと過ごしたいです。

まずは、ハーフタイムシアターでお会いできるのを楽しみにしています!」



ごめん、ちゅう。

勝手に借りちゃった。







では、また。







追伸



劇団からの重大発表です。

制作総指揮の加藤昌史のブログをお読みください。



『加藤の今日』

http://caramelbox-kato.blog.so-net...