碁盤の目



ども、長距離を歩いている岡田達也です。







ホテルから稽古場まで歩く。

昼飯を食べに歩く。

ブラブラ散歩がてら歩く。



毎日実によく歩いている。



大阪の街は

「碁盤の目」のように道が構成されていて

理路整然と並んでいる。

詳しく訊いたわけではないけど

どうやら

南北に走る道を「〜筋」

東西に渡る道を「〜通り」

と呼ぶ法則があるようだ。

(違ったらゴメンナサイ。

でも多分当たってると思う)

それが、また、

歩きやすく

歩く楽しさを増してくれる。



「あそこの角には薬局」

とか

「二つ目の交差点は喫茶店」

など

目印が付けやすく覚えやすいこと

方向さえ誤らなければ

絶対に迷子になる心配がないこと

そんな理由で

大阪の市街地を歩くのが大好きだ。

,

と書きながら

昨日

「コーヒーが飲みたい!」

と思った僕は

「確かドトール(コーヒーのチェーン店)があったよな」

と記憶をたぐり

目の前に表れる何軒もの喫茶店を無視してドトールを探した。

が、歩けど歩けどドトールがない。



そんなはずはない!

見た。

確かにあったはずだ。

あれは幻ではない。



諦めればいいものを

この分かりやすい道に悩んでいる自分がて悔しくて

歩き続けること

(角を曲がり続けること)

20分!

ようやく見つけて頼んだコーヒーは

当初の予定のホットではなくアイスに変更されていた。

(それだけ歩けば喉も渇くわ)



自分の記憶の曖昧さにガッカリし

でも消費カロリーは大きいだろうと前向きに持ち直し

再び稽古場に向かって歩き始めた。



そんなアクシデントはあったものの

大阪の街が(道が)好きなのだ。



今日も探索してみよう。







では、また。