共演者紹介



ども、稽古追い込みの岡田達也です。







残すところ3回の通し稽古。

その後は劇場入り。

気が付けばあっという間に終わってしまってるんだろう。

そんな勿体ないことにならぬよう

1回1回を大事にしてやろう。



2002年に『加藤健一事務所』で共演させてもらった

怪優・平田敦子(通称・あっちゃん)

彼女は相変わらず素晴らしく

パワフルでいてチャーミング

(この表現に反対する人もいる思うが僕は断然そう思う)

何より

脚本で求められている役割が完璧に分かっている人。

その「俳優脳」のレベルの高さには頭が下がる。

今回は絡みは少ないけれど

とにかく楽しみにしていて欲しい。



初共演となる久ヶ沢徹さん。

サモアリナンズの頃から大ファンで

「いつの日か共演できないだろうか」

と願っていた俳優さんの一人。

畑中智行なんかも

「日本で一番好きな男優さんです!」

と言い切っているほど。

オモシロのセンスが抜群で

毎回勉強させてもらっている。

しかも今回はコンビを組んでいるので絡みも多く

アドリブシーン(本番はありませぬ。あくまで稽古用)では

必死で食らい付いているのだが

それがまたたまらなく楽しかったりする。



本当は出演者の方

みんなみんな紹介したいんだけど

とにかく

大好きで尊敬すべき二人の先輩俳優は外せないので

まずはこの二人を。



そうなんです。

舞台は人が創るものなのです。







では、また。