他人の空似


ども、恥をかかなくて済んだ岡田達也です。







クロムモリブデンの久保貫太郎さん。

通称・くぼかん。

『さよならノーチラス号』では

その暑苦しい……

じゃなかった

愛くるしいキャラを全面に押し出して

お父さん役を好演してくれた。



(ちなみに。

右側は小さい熟女・真柴あずき

真ん中が岡田達也の子供だったら面白い)



くぼかん。

「若くて痩せていた頃はイ・ビョンホンに似てたんですよ」

と平気で嘘をつくのが玉に瑕だが

台本に取り組む姿勢は素晴らしく

常にチャレンジする精神には頭が下がった。



そんなくぼかん。

そのポッチャリした体型とは裏腹に

スポーツが大好きで(特にサッカー)

なんとマラソンまで走ってしまうほどの運動能力を持つ。



だから。



僕は自転車に乗っていた。

大きな交差点で信号待ちをしていた。

道路の向こうにジョギングしている若者を見つけた。

ちょっと遠いのでハッキリとは見えないが……

おや?

あれは

もしかすると

くぼかんではないか!

ちゃんとサッカーのユニフォームに身を包みジョギングしてやがる。

お洒落なヤツだ。



にしても、こんなところでばったり会うなんて。

僕は思わず顔がにやけ

左手を軽く挙げた。



が。



ん?

あれ?

反応が無いな……。

なんで?

くぼかん、わざとか?

それとも、あいつ、目が悪いんだっけ?

仕方がない、呼びかけてみるか。



おや?

ひょっとして人違い?

でも、あれは、くぼかんじゃないのかな……。

いや、待てよ。

やや、スリムな気がするな。

ホッソリしてるのは、それは最早くぼかんじゃないしな。

でもでも、ダイエットに成功したって可能性もあるぞ。



それにしても。

この小さく挙げて降り続けている左手をどう処理すればいいのだ?

今更ソーッと下ろすのか?

あのくぼかんらしき人物が本人だったら何の問題もないけど

他人だったら

「あれ?

あの道の向こうの自転車に乗った人

自分の方向に向かって手を振っているけど誰なんだろう?」

って思ってるんだろうな……。



そんなこんなで信号が青に変わった。

僕は慎重に、ゆっくりと、くぼかんらしき人物に向かって進んだ。



……違う。



ソックリだが

本当にそっくりだが

身長は5cm以上高そうだ。

体重は5kg以上軽そうだ。



そのイ・ビョンホンに似ている……

いや、くぼかんに似ている若者は

僕の方を不思議そうに見ながらすれ違った。



良かった

道の向こうに向かって

「おーい!くぼかん!」って叫ばなくて。





では、また。

 
  • コメント(全3件)
  • く〜 
    9/24 10:02

    おはようございます

    そういうのよくありますよ


    私は高校生の頃、夜帰り道で前から歩いて来る人が中学校の先生に見えてつい話しかけてしまい恥かきまし


    恥ずかしかっ

  • снц 
    9/24 10:23

    アタシはないけど笑いまし
    やっぱ面白い
    た来ま

  •  
    9/24 14:21

    私は母親と間違えた事がある(笑)

    その瞬間の恥ずかしさは、凄まじいが、
    帰ってから、それを報告した時の、母親の目が忘れられ無い…。

    冷めた目で
    「あんた…実の母親を間違えるなんて…酷い娘やな…

    と言われた…(笑)。

    ダブルパンチ!だった。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)