ネコ散歩



ども、驚かれた岡田達也です。







我が家は3階にある。

出掛ける準備を整え、勢いよく階段を駆け下りた。

で、1階にある小さな門を開いたとき……。



ネコが2匹、驚いて後ずさった。



これだけ読むと何てことはないだろう。

驚いたのはこっちの方だ。

もう少し詳しく書くと……。



1階にある小さな門を開いたとき。

中年のおじさんの手から伸びた2本のリードの先に

綺麗な毛並みのロシアンブルーと

ちょいと長めの毛を持つペルシャという

ネコの中でもかなり高価な部類の2匹が

まるで犬の散歩と同じ要領で繋がれており

その子たちが僕の走り降りてきた勢いに驚いて後ずさった。



これが詳細なのだけど。



噂は聞いていた。

「最近、ネコを散歩させるのが流行っている」と。

が、目の当たりにしたのは初めてだった。

後ずさったネコちゃんたちには申し訳ないが

驚いたのはこっちの方である。



なんだか、ネコ特有の

「うわー!びっくりした!

お?なんだ?なにかようか?

こっちをじろじろみてるんじゃないよ」

(完全に僕の妄想である。

けど、こんな風に感じること無いだろうか?)

という姿を見たら

あまり散歩などさせないで

家で可愛く飼った方がよろしいのでは?

と思ったのだ。



もしかすると、この先、飼い猫の散歩が増えていくのかもしれない。

でも、どうか、驚かないでね。

驚かそうとしてるわけじゃないのよ。




街中で出会った「おんぶネコ」。

これもまた驚かされた。

良い子にしてずっと荷台に乗っていた。



こうなると、そのうち「箱乗りするネコ」とかも出てくるんだろうか?







では、また。