晴子情歌

少し前に読んだ、高村薫著「太陽を曳く馬」が

めっちゃ面白くて、ネットの解説を読むと、

どうやら三部作で、その第一部目が「晴子情歌」であることは、

ブログに書きました。

その「晴子情歌」は読んだことがあり、

これが難解すぎて、高村さん作品から少し離れたことも

以前書きました。

んで、再読。

う〜ん、面白かったw

なんか不思議ですね。

読み方にもよるのでしょうね。

やはり難解なので、わからんとこはスルーしつつ読みました。

大雑把に掴んでみると、見えてくるものもあります。

現在、第二部の「新リア王」を読んでいます。

これはめっちゃ政治の話。はい、難解です。

こうやって読んでみて思うのは、

高村さんの頭の中がどうなっとんのじゃい?

ということと、勉強というか、研究にさいた時間が膨大なんだろうな

ということ。

う〜っむ、凄い。


あつを