太陽を曳く馬

太陽を曳く馬〈上〉/高村 薫
¥1,890
太陽を曳く馬〈下〉/高村 薫
¥1,890


高村薫さんの著書、「太陽を曳く馬」を読みました。

上・下巻ありまして、かなりの長編です。

ネットの解説を読んで、知ったのですが、

これは、「晴子情歌」、「新リア王」に続く3部作目という

ことらしい。


晴子情歌 上/高村 薫
¥1,890
晴子情歌 下/高村 薫
¥1,890

新リア王 上/高村 薫
¥1,995
新リア王 下/高村 薫
¥1,995


どれも長編です。ちなみに、らしいというのは、

「晴子情歌」は読んでいますが、「新リア王」は読んでません。

しかも、「晴子情歌」の記憶がほぼない・・・^^;

というのも、めっちゃ難しく、これをきっかけに、

すこし、高村作品から離れた記憶があります。

んで、この「太陽を曳く馬」

結論から言うと、めっちゃ面白かったです。

前2作を読んでいなくて大丈夫で、

厳密にはあまり関係ないと言っても過言ではないと思う。

とはいえ、もう一度、「晴子情歌」から読んでみるつもりですが。

あ、公演終わってから。

基本的には、かなり難しいので、一般的には勧められないのですが、

これはかなり面白かったです。

上巻は主に、絵画論からアプローチの哲学。

下巻は主に、宗教論からアプローチの哲学。

簡単に言えばこんな感じか。

僕は、上巻が特に面白かったです。

内なる宇宙を想像し、創造するような、

物凄い苦悩と物凄い達観の対比。

またその交差。

答えは霞のように漂い、見えそうで見えない。

答えらしきものは存在するが、

答えは、存在しないから。

とても、すごいさくひんでした。

あつを