このブログを

被災者の方も見られているということは、

驚きです。

そして、嬉しいです。

17年前、自分が阪神大震災の被災者になったときは、

パソコンもありませんでしたし、

携帯も持っていませんでした。

避難したところが電気が通ってて、

テレビを見て、自分がいる場所以外の

状況を知りました。

繋がっているという想いは、人に勇気を与えます。

生きる力を与えます。

ただ、震災の被害も甚大な上、福島原発からも目が離せません。

しかし、今、それぞれの専門分野の方々が、必死に、

文字通り、必死に頑張っています。

時間はかかるかもしれません。

しかし、明けない夜はないのです。

どうぞ、前を向く心を失わず、頑張ってください。

心だけは挫けないでください。

コメントをいただいた仙台の方、

医療従事者とうことは、

現場ではとても大変でしょう。

自分も被災したけど、助けなければいけない。

いろいろ辛いこともあるだろうと思います。

いろいろ辛い思いもあるだろうと思います。

しかし、皆があなたを必要としています。

挫けず、頑張って。

僕に出来ることは、応援だけですね。。。

でも、もう一度言いますね。

夜は必ず明けるのです。

頑張って。

都心に住んでいる我々は、節電もそうですが、節ガソリン、節水等も

しなければならないですね。

今日観に来てくださるお客さんは、そう多くはないでしょう。

しかし、劇場に足を運び、僕らに逢いに来てくださった皆さんに、

大きな力を得てもらえるように、頑張りたいと思います。

あ、明日、誕生日や・・・。


あつを