ひとり

人間の記憶は曖昧だ。
いつの間にか思い出を美化していた。

正直…
外見のダメさ加減に幻滅した。
「あんなブスだったっけ?(笑)」
いったい私はなんで彼を好きになったのだろう?
そしてなんで逢いたいと願ったんだろう?

ただ、残念ながらもう逢わない。
それでいいんだ。


一目見たらなんかすっきりした気がした。
そう。もう好きじゃないんだ。
確かに、5年もたてば気持ちなんて…


私は本当に残念な人間だ。
ますます自分に自信がなくなった。

当分はひとりになりたい。




おわり