☆自分の気持ち☆

  • 大神雄子 公式ブログ/☆自分の気持ち☆ 画像1
  • 大神雄子 公式ブログ/☆自分の気持ち☆ 画像2
  • 大神雄子 公式ブログ/☆自分の気持ち☆ 画像3
みなさん、こんにちわ。

トルコで開催されたロンドンオリンピック最終予選を終え7月3日に日本に帰国しました。

一番はじめに・・・
4月から7月1日まで私たち隼JAPANにたくさんの熱いエール、温かいエールを送っていただき、一緒に戦ってくださり本当にありがとうございました!


みなさんにここで「オリンピックに行くことができなかった」とご報告しなくてはいけないこと・・・
すごく悔しいです。
本当に悔しいですし、申し訳ありませんでした。

私たちに託してくれた皆さんの思いを考えると本当にこんな簡単な言葉で済ませてしまう自分が本当に情けないです。


私は3月にオペをしてから本当にたくさんの方に支えていただきました。
奈良県立病院の杉本先生の言葉がなければ私はコートに立てなかったですし、その後のリハビリ、トレーニングに、そして、みなさんが待っていてくれなかったらコートに立ち続けることはできませんでした。
そしてチームに合流したのが6月10日からだったこともあり内海さんはじめスタッフの皆さん、チームメイトの理解、協力がなければ私はコートに立つことはできませんでした。

皆さんからはこんなにたくさんのパワーをもらったのに自分は何ができたのだろう・・・


日本代表という場所は「結果」がすべてです。

その結果こそが恩返しなのもわかっています。


またみなさんへ恩返しすることはできませんでした。


本当に自分の力不足です。

しかし・・・
私はまだ選手です。
一人のバスケット選手です。
ミニバスから大学、社会人、ママさんバスケをしてるみなさんと同じバスケット選手です。


最後のミーティングで内海さんがこう話されました。
「選手でいる以上はどんなことがあっても前に進め」と・・・。


帰国してからは「一生懸命前向きに考えることも大事なこと、選手として大事なスキルなんだ!」と自分に言い聞かせています。

この悔しさを返せるのもコートでしかないと・・・
この負けがあったからって思える日がくるのも選手でいなければそんな日は作れないと・・・

そしてたくさん時間かかってるけど皆さんに恩返しするのもコートでしかないと・・

そう思っています。

時に振り返ってしまい、自分で涙流す日々が続いていますが、それでもそれは前に進んでる、自分のスタートラインなんだって信じてがんばりたいと思います。


そこで決断したことがあります。
3月にオペをして、リハビリをしてきた右足首の完治を目指すためにまた一からのリハビリをすることを決めました。
帰国してすぐに奈良に診察に行って、杉本先生、チームのヘッドコーチ、トレーナーさんと話をして決めました。

以前疲労骨折をしたところ、また、周囲への代償もあり今回リハビリすることを決断しました。


もしかしたら「なんで足が完治もしていないのに出たんだ」とか・・・
「無理する必要はあったのか」とか・・・
いろいろな考えはあると思いますが、私は「今」一生懸命やらないと「先」も一生懸命できないと思っています。
一生懸命やることでたくさんの感情がうまれ、悲しみだけではなく喜びも一生懸命の中ににあると思うとやめられないんです。

たとえまた振り出しに戻ったとしても自分がもう一度追い込めれば、あのリハビリを乗り切れば・・・

そこは自分自身でも理解しています。
バスケットからはまた少し離れなくてはいけませんが・・・
信じてがんばります。

チームにはたくさん迷惑かけますが、みんなを信じてます。

自分自身は必ずコートに戻ってこれるようにまた向き合いたいと思ってます。

自分のわがままな考えではあると思いますが・・・
「一生懸命」やることは間違っていない!
そう思っています!

もちろんこれからもかわりませんし、かえることもしません。

ここでいつ復帰できるなんて約束はできませんが、必ず戻ってきたいと思っています


これからも一生懸命がんばっていきたいと思いますので、皆さんの温かいご声援、また熱いご指導よろしくお願いいたします‼


本当にありがとうございました。

大神 雄子

☆ロンドンオリンピック最終予選@Turkey☆

  • 大神雄子 公式ブログ/☆ロンドンオリンピック最終予選@Turkey☆ 画像1
  • 大神雄子 公式ブログ/☆ロンドンオリンピック最終予選@Turkey☆ 画像2
バスケットを始めて21年...
たくさんの時間バスケットと向き合ってきました。
たくさんの仲間に出会いました。
そしてたくさんの感情が生まれました。

楽しさ...
おもしろさ...
喜び...
悲しみ...
苦しみ...
悔しさ...
迷い...


勝って泣いて、負けて泣いて...
怪我をして泣いて...
ケンカして泣き合って...

そのかわり...
負けて学んで...
怪我をして立ち上がり...
ケンカして成長して...

バスケットが大好きで、練習したい!うまくなりたい!

そんな気持ちはバスケットを始めた8歳のころと今もなんもかわってません‼

骨折と診断された3月8日...
迷いました。

でも、先生の一言で迷いは消えました。

それからの3ヶ月は本当に必死になってました。

人は必ず迷いはあると思います。
でも、迷いがなくなった時...
それはパワーとなり、とんでもない力が出る。

怪我をしたことで得た自信。

信じて戦います‼


どんな時も仲間と一緒に...

Road to London!!!

一緒に戦ってください‼


いざ...出陣‼


<ロンドンオリンピック世界最終予選 放送予定>
予選ラウンド「日本」対「トルコ」
6月27日(水) 1:00-(2:49) NHK BS1

予選ラウンド「日本」対「プエルトリコ」
6月27日(水) 22:45-(0:49) NHK BS1

☆Challenges☆

  • 大神雄子 公式ブログ/☆Challenges☆ 画像1
オペをしたのが3月19日。

それから1ヶ月・・・
PTBという特殊な装具を付けていましたが、4月19日に診察を受けて、経過も順調ということで外れました。
もちろん、まだまだ完治したわけではありませんが、自分の中ではすごく大きな一歩を踏み出すことができました。


しかし、こっからが新たなスタートで・・・
まずは普通の日常生活からもどしていこうと・・・
1ヶ月も足をついてなかったので、少し歩くとむくみ、腫れます。

それだけではありません・・・
膝から下まで負荷がかかってなかったので、ふくらはぎの張りは半端なく・・・
今は普通に歩くのに筋肉痛でやばいです・・・(^_^;)


まずはふくらはぎの太さを測り左右差をみて、それを目標に少しずつ戻していこうということで・・・
測ってもらったら・・・

右が33センチ
左が36センチ


今の時点で3センチの左右差がありました。


そんな自分にへこみますが、逆にこっからどこまで戻せるか、自分への挑戦状でもあると思い、そんな毎日と闘っています。
この現実をしっかりと受け止めて、こっからどうするかは自分次第・・・
ちゃんと向き合いたいと思います。




そしてもう一つ・・・
皆は今日からアメリカに遠征に行きました。

私はチームと話し合い、残ることになりました。


毎年挑戦してきたアメリカに今年は行けず・・・
皆を見送り、自分はNTCで一人リハビリが始まります。

でも、どんんな時も必ず自分にやれることはあって、今は皆には追いつけないけど・・・
自分と向き合うことで自信を得て、必ず戻ってみせます。

それまでは自分も知らない毎日の挑戦ですが、強い気持ちをもって、いいイメージもって毎日を一生懸命がんばります!




…皆がアメリカに行ってる3週間、NTCに泊まり込みでリハビリ・トレーニングをするのですが…
こうして皆と離れてるからこそこの本しかない!と思い持ってきました!


その本とは・・・



『ONE PIECE』




はい、マンガです(*^_^*)



この間テレビで観て、すごく「仲間」って感じるいいマンガだな〜と思いその日に揃えました☆

またひとつひとつの言葉にグッときて、自分自身のなにか選択肢になればと思い、読み始めました。


『世間でどう言われてるかは知らんが、おれはおれの信念に後悔するような事は何一つやっちゃいねェ‼
これからもそうだ』


そう言える自分になるために…




毎日少しでも時間があるときに読んで、日本代表を「ONE PIECE」のようなチームにします!

皆で作っていくんです!




今自分にできることを一生懸命に・・・

いろんなことに挑戦して、気付き、自分の選択肢にしていきたいと思います!!!



新学期もスタートしましたね!!!


毎日エンジョイしてますか?
もがいてる人もいると思います。


今はしんどいって思う毎日かもしれません…



でも、そのもがきや苦しみこそが成長で、それがないとやってる感じしなくないですか(*^^*)?


みんなでっかくなってやりましょうね(*^^)v


みんなが仲間!!!



また連絡します☆

☆ひとりじゃない☆

  • 大神雄子 公式ブログ/☆ひとりじゃない☆ 画像1
  • 大神雄子 公式ブログ/☆ひとりじゃない☆ 画像2
2011年9月30日に開幕したシーズンを優勝という最高の形で終えることができました!

The Champ!

皆さんのたくさんの熱い応援、サポートで優勝することができました。
どんな時も一緒に戦ってくれた皆さんとの「優勝」です!
本当にありがとうございました!!!


そして私個人はというと・・・
昨年12月頃から痛めていた足首をセミファイナル辺りから再び痛め、ファイナルでは皆さんに足が付けないという姿までお見せすることになり・・・
自分自身悔しさも残るシーズンになったことも間違いありません。

矛盾かもしれませんが・・・
優勝したのに悔しい・・・
嬉しいけど悔しい・・・

こういう気持ちがあるのも事実です。
でも、この感情こそが「成長の糧」であったり「強さ」「優しさ」にかわる要素なんじゃないかと信じています‼

挫折という言い方はしたくはないけど、こういう時にどう自分自身が打ち勝つかだと思っています。

やっぱり「自分次第」でどうにでもなるってことなんですよね。


今、私だけじゃなく日本中に世界中でもたくさんの方が怪我をされたり、悩み苦しんでる人がいるかもしれません。


でも、そんな時は「人としてでっかくなれる」「前の自分よりも成長する」

そして「ひとりじゃないんだ」

と思い前に前に進んでみてください!

そしてちょっと前に進んで、また悩んだりした時は「ひとりじゃない」って言い聞かせて踏ん張ってください!


このブログ読んでくれた人も絶対にひとりじゃないから!!!


ということで・・・
自分が今回ファイナル後から診察、入院、オペ、入院生活まですべてを皆さんにお話しいたいと思います。
『ひとりじゃないこと』
自分自身もそうですし、皆さんもひとりじゃないって伝えたくて、気持ちも全部伝えます。

今怪我してバスケがやりたくてもやれない・・・
そんな気持ちで苦しんでいる人がいるのなら・・・
また、怪我もなく思いっきりバスケットができるけど、なんかバスケットが辛い、そう思い悩んでる人がいるのなら・・・


私もその中の一人です!

だから、一緒にがんばろう!

微力かもしれませんが・・・
やっぱり皆が仲間だから!!!

絶対に大丈夫!!!


ちょっと長くなるかもしれませんが・・・

読んでください☆

3月6日にファイナルが終わり3月8日に奈良にある県立奈良病院の杉本先生という信頼できる最高のドクターにすぐに足首の検査、診察を受けに行きました。
朝6時台の新幹線に乗り京都まで3時間弱、そこから特急に乗り換え30分、駅からタクシーで15分。
松葉杖だった私は移動するにも遅く、いつもは父に似てスタスタ歩くのですが・・・
タラタラ歩いてしまうそんな自分に歯がゆさも感じながらの移動でした。


しかし、通る人に親切にしていただき、声をかけていただき、こういう時にまた新しい発見ができ、自分もこういう大人になりたい!
そう強く思った時間にもなりました。


先生の診察を受け、検査をすることに・・・
レントゲン、CT、MRIすべての検査をして先生から説明を受けました。

CTやMRIの画像ができるまでの間・・・
なんとも言えない緊張。
口数は減って、一緒に付き添ってくれてるトレーナーさんにもだいぶご迷惑かける始末・・・

正直・・・
12月辺りの検査で少し骨に亀裂が入ってると診断を受け、調整することが必要となり、レギュラーシーズンの8ゲームを欠場。
その間はチームを離れ、NTCでリハビリ合宿をしていました。
また、船橋にリハビリに行ったりとたくさんの方に診てもらい、こんなにもたくさんの方が声をかけてくれて、コートに立てるようにと一生懸命、一緒に向き合ってくれました。

以前ブログにも書きましたが・・・
ある日のリハビリでツキと同じ時間にリハビリすることがありました。

今までコートでバスケットができていた自分はツキのリハビリなんてみたこともなくて知りませんでした。

歯を食いしばってパワーマックスをやってるツキの姿をみて、また、自分ことよりも私に「どう?結構痛むの?」って声をかけてくれるツキの気持ち・・・
本当にすげ〜奴だなって後輩ながら頭が上がりませんでした。
ツキはそれを2年も続けていたなんて・・・
今更知った自分はもっと何かできなかったのか・・・
そんな自分自身の未熟さも感じ、そこからツキを目標にリハビリに励みました。

いろんな「不安」や「恐怖」を抱きながらの時間は過ぎ、先生に呼ばれ説明を受けました。


診断結果は「舟状骨骨折」





先生は丁寧に親身になってたくさんの話をしてくださいました。


待ってる間に・・・
「もしかしたら・・・」
って準備はしていたものの・・・


やっぱり悲しかったです。
泣くのを必死に我慢しました。

普段はかっこつかしーの自分なので、自分のことで泣くのは嫌なんです。
そんな変なプライドなんていらないと思うけど・・・
でも、泣くところは見せたくなかったんです。


でも、先生は6月のオリンピック予選の話を話し始め、前向きな話をしてくださいました。


全部折れた時点でもう無理だって決めつけてた自分がいたので・・・
一瞬にして顔が上がりました!


選択は二つ。
特殊な装具を付けて1ヶ月固定して、そこから動き出す。
手術をしてボルトを入れて、同じように装具を付けて1ヶ月固定。

「手術をしても、しなくても1ヶ月固定は変わらない。6月の最終予選から逆算していくと・・・手術をして、ボルトでしっかりと固定すれば、しっかりと支えてくれると思う」


そう先生にアドバイスをしていただき、代表のヘッドコーチ内海さん、トレーナーさんと帰って来てから話し合いをしました。

内海さん、トレーナーさんにたくさんのアドバイスをいただき


最後に自分の出した決断は


・・・思いきって手術します!お願いします。


この言葉でした。

そこからは先生、病院、内海さん、トレーナーさんが一生懸命に動いてくださり、19日に手術。
15日と16日に術前検査と準備が始まりました。

18日に入院して全身麻酔ということもあり・・・
21時以降は絶食、手術当日朝6時以降絶飲食・・・

普段体づくりの為に食べることも仕事の一つと思っていた私は・・・

14時ごろに手術室に入るまで時間があると「焼肉食べたい・・・」
「肉食べたい・・・」
「ホルモン食べたい、魚食べたい・・・」
それしか言ってませんでしたね笑


こんなことをいっていいのかわからないけど・・・

全身麻酔をかけれる前に何秒我慢できるか秘かに計画していた私・・・


皆さん何秒数えられたと思いますか???

正解は・・・

全く数えられず・・・


でした。。。


みんさんはこんなことしないようにしてくださいね!

たぶんすぐ寝てしまいます・・・


麻酔からきもーち目が覚めて一度声をかけてもらったけど・・・
術室から病室までも爆睡・・・病室でも意識が遠い感じでした。

でも、左手首の手術の時と違ったのは、寒かったこと・・・
すごい勢いで震えてて、毛布を2枚足してもらいましたよ。
人それぞれで結構気分が悪くなったり、2,3日パッとしなかったりする人がいるみたいなんですが・・・

私は最初の1時間くらいはとにかく震えていたんですが、それから少し起きては寝ての繰り返しで、その間に先生や看護婦さんが来ては声をかけてくださり、安心してその日を乗り越えることができました。



次の日というか・・・
朝方4時くらいから朝食のことを考えて、お腹がグーグーなってましたよ・・・笑

食いしん坊万歳(*^_^*)笑


きっと私以外にもたくさんの人が手術したことがあって、たくさんの不安を抱き、でもそれを乗り切ってリハビリして復帰目指すんですね。

手左手首を骨折したときには足は動けたので走ることで、汗を流す時間だけは忘れることができたから気持ち楽でしたが・・・
足首ということもあって毎日が葛藤です・・・




でも、その時に思い出すのが「自分だけじゃないんだ、ひとりじゃないんだ」っていう思いなんです。


そして支えてくれるたくさんの人たちがいる。。。

こういう時に改めて人間ってひとりじゃ何もできないんだなーそしてひとりじゃないんだなーって強く感じる時でもあります。


心配して病院で会うたびに声をかけてくれる先生!
毎日元気に「おはよう!」といってカーテンを開けてくれる優しい看護師さん!
病室は違ったけど、怪我と戦って前向きに頑張ってる高校生、大学生の同じバスケット選手。
掃除のおばちゃん!


皆が声をかけてくれて、病院生活もしっかりと前を向いて生活することができました


本当にありがとうございました!


こうしてなかなか入院するということがなかった私は、普段とは違うことをやってみようと朝起きてから朝食の間に読書することを決め、毎朝病室のベッドでノートを取りながら本を読んでいたことも事実です。

先生が、またたくさんの方がここの手術に踏み切るまでにサポートしてくださり、元気をくれたり、助けてもらいました。


ただし、手術が終わってコートに戻るまで・・・
自分自身の身体と向き合うのは自分自身でしかありません。

もちろんたくさんの方に指導を受けますが、その一つ一つを一生懸命やれるかは自分次第です。


「こなす」だけのことなら誰でもできると思います。


その中に「自分のMAXでどうやっていくか」
それは自分との闘いなんだと思います。


これからの合言葉は「挫折禁止」


その為には毎日を「挑戦」しなくてはいけません!

でも、「挑戦」するために絶対に必要なのは皆さんの応援、サポートなんです!

強い気持ち持って「挑戦」させてください!


私自身も今「挑戦」しようと自分自身と闘おうとしてる皆さんの応援、サポートはバッチリですからね!!!

一緒に前に前に向かいましょう!


Yes! We can!!!

こんな不安のままで大神は大丈夫なのかって思われてる方がいらっしゃるかもしれませんが・・・


自分も一人の人間であり、一人のプロ選手です。
最高のパフォーマンスをするためにもうスタートしています。
抜糸をするまではやれることは決められちゃいますが・・・
でも、そんな中でもやれることはあってそれを一生懸命にやればいいんです!
それが絶対に次に繋がるんだと信じて地道に向き合っていきます。


こんな私ですが、これからも熱いご指導よろしくお願いいたします!!!

☆Never Forget 3.11☆

  • 大神雄子 公式ブログ/☆Never Forget 3.11☆ 画像1
  • 大神雄子 公式ブログ/☆Never Forget 3.11☆ 画像2
今季もこの舞台まできました。

『2012☆PLAY OFF FINAL』


今季は今までよりもより強い、熱い思いをもってこのファイナルのコートに立ちます


絶対に忘れることのできない3月11日の東日本大震災。
私たちは昨年ファイナルの第1戦を船橋で終えて第2戦の会場でした郡山に移動しての練習中でした。
いきなり強い揺れを感じ、体育館内は一気に悲鳴にかわりました。
今でもあの時のことは忘れません。


それから一人の人として、一人の選手として、日本人として何か伝えたい、その一心でたくさんの方のご協力、ご理解もあり募金活動や被災地でのバスケット教室に参加してきました。

でも、その活動を通して私以上に被災地の皆は笑顔で、たとえ外であろうと一生懸命ボールを追いかけて、バスケットを楽しんでいました。
そんな姿に私自身が元気をもらい、刺激され、バスケットに感謝した瞬間でもありました。
昨年の分も、昨年の決着をつけるには今季のファイナルはトヨタと私たちで戦わなくてはいけないと思っていました。

舞台はすべて整いました。
JXという最高の仲間と最高のファンの皆さんと共に、またトヨタ自動車という素晴らしいチームとファイナルで一生懸命ぶつかってきます。

どんなことがあっても強い気持ちを持って、熱く戦います。

皆に元気を、勇気をコートから送ります!

「Never Forget 3.11」


一緒に戦ってください!!!

JX PRIDE!!!