お久しぶりです(>_<)

  • 小倉百代 公式ブログ/お久しぶりです(&gt;_&lt;) 画像1
最近更新がまた滞ってしまいすみません。。

ブログちゃんと更新しないと!!と周りに怒られちゃいます…m(__)m


しばらく舞台いけてませんでしたが、今月は三本も観ました!!


大塚の萬劇場春の短編集

こちらはいつもの仲間、演劇学科の同期が立ち上げた、こちらスーパーうさぎ帝国のメンバーが出演していたり、映画学科の同期えりえが出演していたり☆☆ 20分くらいのお芝居を前半後半3本ずつ、計6劇団の芝居を観ました。 6本の芝居って観るの疲れそうだなぁって思ったけど、それぞれ全く違う内容と雰囲気で全く飽きずに観れました!!短編の舞台って初めて観ましたが、結構面白いです。スッキリとまとまってて。 20分で何かを伝えることできる!ってことが新鮮でした。

こちうさは相変わらず面白い(*^^*)また出たいなぁっって


写真は同期のえりえと卒業制作の監督だった竹さん。久しぶりの再開☆☆

えりえはこの舞台が最後って言ってたけど、大学時代から頑張ってたの知ってるからすごく残念…。みんな色々あるんですよね。芝居を続けていくのはすごく簡単だけどすごく難しいことだと改めて感じるこの年ごろ。。





そして、日暮里D倉庫であったBIG MOUTH CHICKEN produce


「INNOCENT GUILT〜きっと、あなたの心にも〜」

こちらはレッドフェイスで共演した冨澤十万喜くんが初の作、演、プロデュースした作品でした!!


ダンスに殺陣に歌に盛り沢山の2時間でした。

とまきくんは出演もしていたし、レッドフェイスでご一緒したした三井伸介さん、藤井紅葉さんも出演していたのでまた違った舞台で皆を観るのは面白かったです。


でも、ひとつの舞台を見事に生み出したとまきくんの力はすごいなぁって思いました

伝えたいことがあって、それを作品として完成させるって。しかも芝居はたくさんの人を巻き込むものだから、まとめるのとか大変だと思う。作、演、プロデュースかつ、出演もこなしたとまきくんはすごいと思いました。

私にも脚本書く才能があればなぁ。。っていつも思うんですよね。


私も、やっぱり何かを生み出せる人になりたい。人の心に伝わるものを。役者としてそれができれば本望なんだけどな。



仲間の舞台を観ると励まされます。


何を選択しても、それぞれがそれぞれの道で頑張ってる。友達と再会して、改めてそんなことを感じるここ最近でした。