胸が痛い

地震の為、本日の予定がポッカリ空いたので、残った荷物のぷち引っ越しを行いました。

梅の花が見頃に近付く陽気ですが、未だに続く余震の中、眠れぬ日々を過ごしている方も多いと思います。

連日、報道される地震倒壊現場のテレビ。
心に突き刺さる言葉。

「家族が居ないと…一人生き残っても…」

少しでも、前向きになれる言葉が見付かれば良いのですが、見付けられません。

重すぎる現実の前には、言葉は慰めにもなりません。


何かしても、しなくても1日は過ぎます。
だからこそ、明日に繋がる今日を過ごして欲しいと思います。