オワカレノ日

これから最後のお別れに行ってきます。


現実から逸脱した儀式のなか、その方は穏やかな眠りについておりました。


人が死ぬと言うこと…


私の祖父が亡くなったときも、祖母が亡くなったときも、従弟が亡くなったときだって何の現実感も無いまま今に至る。


誰かが言っていた

『覚えて居る人が居る限り人は死なない』


そう考えると、私が生きている間は誰一人死ぬことはない。



ご冥福をお祈りします。

 
  • コメント(全2件)
  • ハル。 
    2/26 08:01

    おはょうございます


    私は父を亡くしています。
    話すと必ず口喧嘩になっていた父ですが居なくなると淋しい(ノ_・。)
    人前で泣かない自分ですが…泣いてしまいまし

    亡くなって日が経つほど悲しみが湧いてきました。

  • 綾波(仮)@復興情報ツイッターに移住中 
    2/26 19:51


    昨年11月末
    母を自宅で看取りました

    現実離れした儀式
    慌ただしく過ぎ去る日常

    寺を訪ねた際
    涙ながら住職に伺いました
    『母は今何処にいますか?

    住職は一拍留まり

    『俗な言い方をすればあなたの心に生きておられます
    と仰いました

    誰もが通るみ
    ..受け入れなきゃいけませんね..

    私はどーも泣き虫でいかん

    御冥福お祈りします
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)