二の足

こんばんは。

人は何時も、同じ失敗を繰り返すのではないかと同じ方向への新たな一歩を躊躇する

それが、人間のあり方なのだろうが…二歩目だからこそ、力強く踏み出したい!

ただの馬鹿では終わらぬように、だからこそ力強く!