ご心配お掛けしてすみません

日常は何も変わりなく過ぎて行きます。

三日間、何かを考える間もなく忙しすぎて、今日は久し振りの休みなのに、また雨…


人が一人この世から居なくなった事実を確認しても、やらなければいけないことは何も変わりはしないです。


じいちゃんが死んだ時だって、従弟が死んだと知らされた時だって、俺の生活は何も変わり無い。


ふとした瞬間が訪れるまで、空虚に気付くことは無い。


差出人の無くなったメール。


行き先を押し付けて辿り着く姿を確認せず、無責任だ。



みなさん、ありがとうございます。
私はまだちゃんと笑えます。

ありがとうございます。