包み隠さず

こんばんは。
何だか、ご心配掛けてしまったようで、すみません(>_<)


完璧な人間などこの世には存在しない。
況してや、その不完全な人間が使う言葉が完全であるはずもなく、その言葉で完全に想いを伝えるなど、土台無理な話しなのだ。


で、話しは変わりますが(笑)
私も最近イベント多いなぁ〜と思って居たのですよ。団栗を手に入れて、やっとお仲間になれても、あっと言う間にサヨウナラ(T_T)

でも、その一瞬でも、出逢えた瞬間に感謝をし、ほんの一瞬でも全身全霊で楽しもうと。

于武陵の勧酒を思いだしまして、引用してみたのですが、詩の真意など本人すら時が経てば薄れるもの。

況して『さよならだけが人生だ』(井伏鱒ニ)などと書かれようものなら、哀んで居るように感じて当然でしょう。

この詩から「人生楽しもう!」などと感じる人は余程のポジティブシンキング(笑)

寺山修司さんの『サヨナラダケガジンセイダ』は代表的な日本人的な受け取り方ではないでしょうか。

日本人は、言葉少なく想いを伝えることに美学を感じて居る人種のように私は思うのです。


演出家とは、その真逆で、美学も情緒もなく、歪みの無いように想いを伝えなければならない。


と、言ってもエヴァンゲリオンよろしく、みんなが溶け合わない限り、その限りではないだろうが。。。


何を言いたいか、良く分からなくなってきましたが…

わたしは元気です(笑)