孤独感

こんばんはー。

疲れたぁ〜(*O*)
でも、充実の時間でした♪

今日も、細かく細かくシーンをぶつ切りにしての小返し稽古。
これをやられると、芯を通していない役者の気持ちはシーンと同じくぶつ切れになってしまう。

客観的に観ている側と、蚊帳の中では、見える世界が全くの別次元になるのだ。
言われる方も嫌だろうが、言う方も嫌なのだ。

本当は『いいねぇ〜。いいねぇ〜。』ばかり言っていたい。

でも、それでは作品の向上は望めない。

なので、嫌でも言う。
それが演出家の仕事なのだ!

と、言い聞かせてはみるものの…この稽古後の言い知れようもない孤独感。

久々だ。

これを作り出しているのは、自分の妄想なのだと分かりつつも、この感覚を払拭することは難しい。










早く飲み会したい(笑)

 
  • コメント(全3件)
  • GREE放置です 
    11/4 22:48

    お疲れ様です(^-^)

    うーん
    変です

    頑張って下さいね

  • 鵑罎イ洵 
    11/4 22:53

    褒めてばかりでは育つものも育ちませんよね


    わざと言ってるのでもなく…その人のことを心底、想えて
    っとできる
    いう信頼があるからこそ…叱ることができる
    こには本当の
    があると思います。

    自分を責めないてください


    きっと役者のかた達にも気持ちは伝わってると思います。


    どこの世界でも…信頼関係て大切ですね

  • 姫各イベお仲間感謝仕事激務中m(__)m 
    11/5 00:25

    お疲れさま
    々大変ですけど頑張ってください

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)