何気ない日常

『けいおん』が最終回だった様だ。
と、曖昧な表現なのは、ちゃんと確認していないからだ。

映画化決定。らしい。
↑↑↑これは確認しました(笑)


そんな凄いドラマチックでもなく、何気ない日常のアリフレタ幸せを画いた物語。

何故、アリフレタ日常を画いたドラマが求められて居るのだろう?
今のリアルな日常では、アリフレタ幸せさえも見付けれらないからなのだろうか?


今日はプー生活をはじめて初めて一歩も外に出ない日だった。
本番台本の候補を二本読んで、新バイトの家電について勉強して、活字三昧の1日。

何か、変な感覚が身体全体を支配しているような、モヤモヤした感じが居座っている

人間は何時もそのモノを失ってから、その大切さに気付く。
何気ない日常が幸せだったのだと…


明日は久しぶりに知り合いの稽古にお邪魔させていただく事にした。

ニート最後の日です(笑)

楽しみ♪