価値観

終電間際の満員電車。
座り込んでいる少女。
大声で電話しているサラリーマン。
マンガ本を他人ぶつけながら、必死に読んでいるオッサン。
空いている電車でも、わざわざ手摺に寄りかかり、眼前に尻を近付けてくる青年。
子供が靴のまま座席を闊歩しようが、他人を蹴ろうが、見てみぬ振りをする親。


人それぞれ言い分はあるのでしょう。
しかし、その行為が周りに不快を与えるのは、どんな言い分があっても、やはり違うような気がする。


流せる冗談。
流せない冗談。

同じ冗談の筈なのに、言うタイミング、その時の心情で心に突き刺さる場合もある。


この世は、他人との携わり。誰が悪い訳では無いのかも知れない。

だからこそ…


今日はヨネザワ製菓のミニシューで充電!

今日も1日楽しんで頑張ります!