ペットの里親募集

ペットの里親募集のサイトとかを見ると、

ほっこりした気持ちになりますにゃ

そして同時に、寂しくて悲しい・・
可愛い小動物の写真が一杯なのも理由の一つですが、
保護したときのエピソードや、可愛いしぐさや特徴などが書いてあって、
読んでいると、気持ちがほっこりします。

それと同時に、悲しい気持ちも・・・


里親募集に出てくる猫ちゃんや、ワンちゃんは、
里親が見つからないと保健所に引き渡されてしまったり、
薬殺処分間近に迫った子たちだったりするからなのです。


『里親見つかりました』
って印が付くと・・・
なんだか自分の事のように嬉しくなります


中には、何年も連れ添ってきたペットとの諸事情による別れなんていうのも
あり、飼い主の手放したくない気持ちがヒシヒシと伝わってくるし、
けどそれが逆に、引き取り手の重荷にもなってなかなか見つからなかったり
するんです。

なので、里親募集などみながら、
笑ったり、泣いたり、はらはらしたり、喜んだりしています。

私もいろんな角度から何か協力できたらいいなぁ・・
可愛く写真とってあげたり、魅力的な特徴見つけてあげたり・・
1匹でも多くのペットちゃんたちを幸せにできるお手伝いもしてみたいな。

でも、日本はペット可の住宅少なすぎるよね。
ぺっとが住むと汚くなるとか、いろいろ問題が増えるというイメージが
良くないのかなぁ・・


もっとペット可の住宅が増えるよう何かできることないかなぁ・・
飼いたいっていう人は、飼っている人の10倍はいるのになぁ・・