燃費のいい車

燃費のいい車が最近多いですにゃ。

燃費がいい車といえば、ハイブリッド車と決まっていたのですが、
最近の車はどの車も燃費がいいですにゃ。
軽自動車の燃費もどんどん良くなって、ガソリン値上げしても
そんなに影響はなさそうな感じ。

もちろん、古い車や、スポーツカーみたいなのは、
リッター6kmなんて車も多くあるみたいだけど、

そういう車と、リッター60kmとも言われるプラグインハイブリッド
の車とかと比べると、何でそんなに違うの


なんて不思議に思ってしまいます。
同じ距離走って10倍燃費が違うのだとすれば、
発生する二酸化炭素も10倍違ったりするのかな?

10倍の燃費で回せるエンジンがあるなら、火力発電所とかも
今の技術で作れば、古い火力発電所の設備よりも3〜4倍効率良く
なるってことは無いのかな?

火力発電はお金がかかる・・っていうのは、今ある古い設備での話で、
新しい設備にすれば、グーンと安くできるような気もするのにゃ。

耐用年数が、何十年もある設備よりも、何年かで、新しいものに
変えてく方がいい

なんて事もありそうだよね。

うちの冷蔵庫ももうかなり古いものなので、今のに変えると、
電気代もかなり安く済んで、何年かで購入費分が浮いちゃうんだろうな。

物を大事にする事は大切だと思うけど、電化製品や、車なんかは、
経済性の為に、新しくする事も必要そうだね。

うちの中にある物もいろいろ見直して、必要なら変えていかないとニャ