ごぼう茶続けています。

  • にゃんこ 公式ブログ/ごぼう茶続けています。 画像1
  • にゃんこ 公式ブログ/ごぼう茶続けています。 画像2
20年後の私が・・・
今と同じくらい若くいられるように、「ごぼう茶」を続けています。

家庭でもおなじみの食材である「ごぼう」ですが、

これがまた健康にいいのです


日々の健康の為という事はもちろんですが、

なんといっても、ごぼうは・・・若返りにいいのですにゃ。

といっても、本当に年が若くなるわけではないのですが、

女の子には、嬉しい・・
お肌のハリとみずみずしいツルスベの肌をキープするのに、
いいのですにゃ


毎日みるみるうちにお肌が綺麗になっていく・・・
そんな夢のような体験ができるわけではありませんが、
今の状態を20年後にもキープし続けたい・・・

そんな人には、お奨めですニャ


作り方は簡単で、勝ってきた泥付ゴボウをまず綺麗に洗います。

100円ショップとかで買える、ピラー手袋?(写真1枚目)
なんかを使うと簡単に泥は落とせます。
ラップをくしゃっと丸めてこするのでも綺麗になります。

ゴボウさんは、とにかく酸化しやすいので、せっかく洗って白くしても
みるみるうちに酸化して黒くなってしまいますがそれは仕方ないです。

酸化しないようにと水につけて置いていくと、大事な栄養が流れ出て
しまうので、それは注意してくださいね。

泥を落としたら、ピラーか包丁で、細く切ってやり、部屋の日当りの
いい場所で新聞紙の上に載せて、良く乾かします。

表面が乾燥するくらい乾きましたら、
油とかひかずに、フライパンであぶってください。

中の水分まで乾ききるように焙煎していきます。
(焦がさない程度に乾燥させます。)

あとは、湿気無いようケースに入れ、冷蔵庫に保管し、
必要なだけ取り出して、紅茶とか作る要領でお茶にします。

御湯だしするような感じですニャ。

さてさて、肝心のゴボウ茶ですが・・・
正直初めは美味しく無いです。

後から美味しくなるわけでもないのですが、
良薬口に苦しと言うか・・・まぁ・・・まんまゴボウ風味なので、
ゴボウ苦手な人は、厳しいかもですにゃ。
ゴボウ苦手じゃなくても初めは結構抵抗あるのだけれど、だんだん慣れて、
飲みやすくなってきます。

全ては健康と若さ維持の為ですからにゃ

いつまでも健康で若々しく生きようニャ