プレッシャーに負けないで

オリンピック日本代表の皆さん、プレッシャーに負けないで


優勝候補、優勝候補と協会もマスコミも、プレッシャーかけすぎだと
思うにゃ。

優勝候補と言われるプレッシャーに関係なかった人が活躍する機会が
多いような気がする。

逆に言うなら、優勝候補と言われた人の、予想外の苦戦が多い
ということかな


そもそも、オリンピックに出ること自体が大変難しいこと。
出場できても、出場選手全員が優勝できるチャンスと強さを持った人なんじゃないかな・・

100mのような短時間の競技は、実力差が出やすいと思いますが、
柔道のような連戦になるのであれば、勝ち上がる過程での体力の消耗や、
体調の上下が必ずあると思うので、実力だけで勝てるものとは限らない
と思うにゃ。

体力の温存しようとして、手を抜くと、足元すくわれて負けてしまったり、
本当に難しい世界だと思います。

リポーターや解説者も、2事目には、優勝候補だのメダル候補だの、
負ける要素ありませんとか、サービストーク

が目立つような気がします。

解説者は、色眼鏡かけて日本ひいきで解説せず、もっと具体的な
ポイントを解説してくれるといいにゃ。

この相手は、○○が強いですから、○○に気をつけて冷静に戦って欲しい
ですね。とか・・・

もっと対戦相手を研究して解説して欲しいなぁ。
○○(日本選手の)は、○△が強いから、絶対金取れますとか・・
日本選手の攻め方を解説して、対戦相手国に情報提供しているのは、
実はマスコミと解説者じゃないかなぁ・・・

日本選手が負けた後、相手に研究されてましたね・・・っていうのが、
解説者のお決まりの言い訳みたいになっていますが、

試合前から、選手の力を丸裸にして全国放送で漏洩しまくっておいて、
どんな口がそういうこと言うのにゃ


日本代表の選手の皆さん。
日本中の期待を背負い、プレッシャーもすごいと思いますが、
自分の力を出し切ること。それだけを考えて、試合に向かってくださいね。

金やメダル取らないと恥ずかしい・・・
そんな事まったく無いです。
4年間オリンピックを目指して磨き上げてきた技と力を世界という
大舞台での頂上決戦で、魅せて欲しいにゃ