貴重なイワシが・・・

千葉県の大原漁港に入り込み、死んでしまったカタクチイワシが、
200トン


酸欠
が理由と言われているけれど、真相はどうなんだろう。

大原漁港に入り込んだのが、外敵から逃げての行動であったなら、
音を立てたり、イワシの嫌がる臭いを出すなどして、漁港から
生きているうちに追い出したりできなかったのかなぁ


クジラとか、珍しい物だと救出作戦とか、いろいろやることあるみたいだけど、イワシの命の重みは、食滅連鎖の順の通りなのかな。

なんだかちょっと悲しいな。

200トン。この量のイワシが死ぬことで、イワシを食べている魚達の
食料がどれだけ不足するのだろう。



カタクチイワシは、焼き魚としては、マイワシほどメジャーではありませんが、カタクチイワシの稚魚は、シラスとして食べられています。
新鮮なものは刺身も美味しいらしく、イワシの中で一番刺身が美味しいとか。

しかし、この時期だけに、地震とか、原発事故の影響とかの関連を
気にしちゃいますね。

何で、大原漁港なんだろう。
安全だから逃げてきたの


死骸になったイワシは、どう処分されるんだろう。
肥料にしたり、脂を取ったりして再利用できるのかな・・・

あぁ・・・私の大好きななアンチョビが・・・・

カタクチイワシを捕食している近隣の魚にとっては、毎日当たり前のように
食べてたものが、ほとんど食べられなくなっちゃったりするという事だよね。

日本人でいうなら、1年間お米は食べられません。みたいな衝撃


まだ生きているイワシも多くいるのかな・・・
なるべく早く原因を特定して、一匹でも多くのイワシちゃん助けてあげて


酸欠なら、水槽で使うようなエアーポンプの巨大なものみたいなのがあれば、
助けられたのかなぁ・・・

次同じように逃げ込んできたときは、助けられるようになるといいなぁ・・