巨星が流れて消えてしまいました。

わわーーん

プレゼンの神様であり、米APPLEの創設者であり、カリスマ王の
スティーブ・ジョブズ取締役会会長が5日に亡くなってしまったそうです。
新製品であるiPhone4Sの発表が、4日。
その翌日に、こんな事になるなんて・・・
CEOを退いたのが8月。
それから2か月も経ってない。
低迷していたAppleをiPod発売を皮切りに、大躍進させた巨星と呼べる
人でも、病には勝てなかったのにゃ


これは憶測でしかないことだけど、iPhone5を発表せず、iPhone4Sの発表に
留めたのは、ジョブス氏の容態が悪かったからではないでしょうか


新型iPhoneの発売は、米APPLEにとって花火と一緒。
輝くように綺麗に咲かせ、強いインパクトで、輝ける未来を約束するべく
アピールするものです。
しかしながら・・・
花火をあげた直後に、米アップルのカリスマであり、象徴であった、
ジョブス氏が、亡くなってしまう事がわかっていたとしたら、
花火は綺麗に咲いたでしょうか


iPhone5が発表されていたら、株価はぐんと上がっていたでしょう。
でも、その翌日ジョブス氏が死去したとなると、一転して株価の大幅下落もあったかもしれない・・・
iPhone4Sは、ジョブス氏の残した最後のiPhoneとしてのリリースであり、
輝ける未来を約束するiPhone5のリリースは、ジョブス氏が去った後の
APPLEを支える原動力として、残したのではないかにゃ。

プレゼンの神様であるジョブス氏ならきっと、そう考えたと思うにゃ。
CEOだった8月でも発表できた事なのかもしれない。
でも、自分の死期が近付いている事、APPLEの将来の事を考え、
ジョブス氏が残した最後の演出であったのではないかなぁ・・・

それにしても、早すぎるよ。悲しすぎるよ・・
私も、iPhone5出たら、絶対使うからにゃ。
多くのジョブス信者。APPLE信者がiPhoneを購入するだろうな。
ジョブスが命を投じて作り上げたiPhoneを手に入れて、ジョブス氏の
愛したAPPLEを支えていくのにゃ


ご冥福をお祈りします。