ここが変だよ、節電対策

シリーズ、『ここが変だよ節電対策』のコーナーだよ。(シリーズではありません。本当は、読みきりです)


さてさて・・・
ハローワークに通う、友達からこんんあ話を聞いたのにゃ・・・

「節電のため・・ハローワークも、早く閉めているよ」



えー・・・っ・・・

それはちょっと・・・なぁ・・・

日本の失業率は、4%から5%で、求人は、1%あるとして、折り合いが
つけば、1%位は改善するかもしれない。

景気回復はやっぱり、雇用情勢改善からだと思うにゃ。

その友達曰く、月水金は、通常19時までのところ、17時15分までらしい。
節電対策としては、需要のピークを迎える、時間をさけるというのは、
常套手段だと思うので、節電の理に適うとは思うし、効果もそれなりに、
あると思うにゃ。

でも、雇用改善を考えるのならば、むしろもっと窓口は広くするべきなのかな
と思うにゃ。

週数回のパーとしている人も、17時以降もハローワークが開いていれば、
正社員の仕事とか探しに凝れるし、夜間勤務や、夕方からのお仕事もたくさん
あるわけだから、雇用希望者からの連絡も、店の開いている遅い時間に
欲しいという希望もあるはず。

17時以降は、節電のため空調を止めさせてもらいますとか・・・
使える端末数を半分に減らしますとか・・・
いろいろ方法あると思うにゃ


雇用情勢改善対策無くして・・・復興増税とか・・・
取りやすいところから取りましょうみたいで、ナンセンスだと思うにゃ。

雇用情勢が改善されたら、税収も増えるわけですし、収入があれば、
消費も増え、消費税も多く入るのだから、そういうアプローチでの、
改善も率先してやって欲しいのにゃ。

ただでさえ、政府から大手企業には、節電を求める働きかけがあり、
残業を減らしたり、雇用を減らしたりと、益々・・厳しい事態になって
きているのにゃ。

それで今度は、人を雇おうとする企業と、働きたい人の接点を減らすと
いうのはどうしたものかな・・・

事業仕分けみたいに、節電するところ、しなくていいところを・・・
プライオリティで分けて分類し、節電のみ重点を置いて考えるのでなく、
本当の意味で日本に優しい、対策をお願いしますにゃ


労力や、お金をたくさん使った対策が、空回りしてしまっている今の
状態が続いてしまうと、復興に燃える人々の熱意や努力が、無駄になり、
復興する前に息切れしちゃうよ〜

足場のいいところたくさん作って、ひっぱりあげて欲しいにゃ。
つるつるで急な坂を上る方法を考えるのに、ゆるやかな坂をコツコツ
上がってきた人を坂を急にして(増税して)負担をかけ、つるつるで、
急な坂を登っている人にエネルギーチャージ(補助金だす)しよう。
これで、つるつるでも登れるでしょみたいな・・・対策だめなのにゃ。

まずは、滑らないよう、手すりをつけるか、つるつるじゃなくしようにゃ。
その上で、急な坂道だけど、所々で、次に進むための力をつけるための、
休める平らな所を作るのにゃ。

節電対策は、節電のためだけにあるべからず・・・・
日本の無駄を省くために、やるべし・・・なのにゃ